【高松宮記念2019予想】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【高松宮記念2019予想】レース展開と馬券考察

スポンサーリンク
スポンサーリンク

yosou_grade

スポンサーリンク

PR-

PR-

高松宮記念2019[レース予想]

前2走とも前半32秒台で飛ばしたモズスーパーフレア。G1の舞台でも外連味のない逃げに出る。セイウンコウセイ、ナックビーナス、ラインスピリット、ラブカンプー、ショウナンアンセム、ミスターメロディあたりが先行グループで、注目ダノンスマッシュは好位へ。アレスバローズ、デアレガーロ、レッツゴードンキ、ロジクライが中団を追走し、ティーハーフ、スノードラゴンが後方から。Bコース変わりで超高速馬場となる可能性も。

高松宮記念2019 予想【本命◎ ロジクライ】

初めてのスプリント戦がG1と超えるべき壁は高いが、少し折り合いに難しさがある馬。昨年の富士S(芝1600m)を好時計で快勝したものの、マイルCSでは14着と惨敗。東京新聞杯はペースが堪えたが、距離を詰めた阪急杯(芝1400m)ではラスト目立つ伸び。徐々に短距離型へシフトチェンジしてきた印象。ここは不安よりも期待が上回る。

高松宮記念2019 予想【対抗○ ダノンスマッシュ】

芝1200mへ転じて、重賞2勝を含む【3-1-0-0】の快進撃。前走のシルクロードSでは、最後の直線で追い出しを待たされる場面もあったが、慌てず騒がず進路が開くと一気の脚で抜け出した。着差以上の強さと言っていいだろう。操縦性の高さがセールスポイント、目下の勢いを持ってすれば、G1でも難なくクリアしてしまいそう。

高松宮記念2019 予想【単穴▲ アレスバローズ】

重賞連破の夏の勢いが影を潜めてしまった秋2戦だが、立て直して臨んだシルクロードSでは復調の兆しを示す5着。外枠で抑えが利かず、早め先頭とこの馬の形ではない中での0秒4差なら、次に繋がる競馬だったと言える。6番枠なら、当然今回は本来の溜める形。北九州記念のようにインを突く根性、器用さもある。

高松宮記念2019 予想【特注☆ ダイメイフジ】

モズスーパーフレア、ナックビーナスが止まらなかった前走だが、この馬も最後はしぶとく伸びて3着確保。重賞でも相手、流れひとつのところまで成長してきた。今回は6勝中5勝を挙げる左回り、今季絶好調の丸山騎手騎乗も心強いところ。3着穴には押さえておきたい。

高松宮記念2019 [馬券考察]

  • 本命◎:12ロジクライ
  • 対抗○:13ダノンスマッシュ
  • 単穴▲:6アレスバローズ
  • 特注☆:17ダイメイフジ

波乱指数【60】

Bコース変わりで高速馬場なら、モズスーパーフレアの軸は堅いか。土曜、日曜前半の芝の状態は要チェック。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番6.12.13.17の4頭BOX。計6点で勝負!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA