【日経賞2019予想】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【日経賞2019予想】レース展開と馬券考察

スポンサーリンク

yosou_grade

スポンサーリンク

日経賞2019[レース予想]

先手主張はグランアルマダだが、メイショウテッコンはベストはハナを切る形。とはいえ競り合いはなく、早めに決着がついての平均ペースだろう。カフェブリッツ、クリンチャーが好位。その直後にゴーフォザサミット、ハッピーグリン、ルックトゥワイス、チェスナットコート、エタリオウ。アクションスター、サクラアンプルール、ブラックバゴが後方から。先行有利の流れに。

日経賞2019 予想【本命◎ カフェブリッツ】

3走前に芝へ舵を切ると、いきなり快勝。続く万葉ステークスでも4着と好走し、前走のダイヤモンドステークスは最後の直線で一旦先頭に立つ場面を作っての0秒6差3着。もう本物と見ていいだろう。前2走の敗因を距離に求めるなら、短縮される今回はパフォーマンスが上がって当然。中山の急坂も阪神快勝なら何ら不安なし。今週もマンハッタンカフェ産駒に要注目。

日経賞2019 予想【対抗○ エタリオウ】

菊花賞は最後の直線での進路取りが明暗を分けた形。結果、インを突いたフィエールマンに軍配が上がったが、こちらも勝ちに等しい2着だった。父ステイゴールドで成長力も十分で、今年の中長距離路線を牽引していく存在。地元の阪神大賞典ではなく、こちらへ回ってきたということは勝ちに来たということ。

日経賞2019 予想【単穴▲ クリンチャー】

有馬記念は海外遠征明けで、状態が戻り切っていなかった印象。皐月賞4着を見ても持久力勝負になりやすい中山も、本来は合うタイプ。京都記念快勝から、阪神大賞典・天皇賞春3着と好走した昨春の走りができれば。

日経賞2019 予想【特注☆ グランアルマダ】

行けば先手が奪える顔ぶれ。前走のダート戦が隠れ蓑になるようなら、案外侮れない存在。先週のスプリングステークスで、10番人気エメラルファイトを勝利に導いた石川裕騎手が鞍上。大穴ならこんなタイプ。

日経賞2019 [馬券考察]

  • 本命◎:9カフェブリッツ
  • 対抗○:7エタリオウ
  • 単穴▲:12クリンチャー
  • 特注☆:8グランアルマダ

波乱指数【30】

勝つかどうかは別にして、エタリオウが馬券外になる可能性は低い。あっても中波乱までか。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番7.8.9.12の4頭BOX。計6点で勝負!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA