【大阪杯2019出走予定馬】1週前注目馬考察 | 本気競馬

【大阪杯2019出走予定馬】1週前注目馬考察

スポンサーリンク

syussouyoteiba

2019/3/30開催「大阪杯(G3)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

スポンサーリンク

大阪杯2019 [1週前出走予定馬]

  • アクションスター/牡9/和田勇厩舎・美浦
  • アルアイン/牡5/池江寿厩舎・栗東
  • エアウィンザー/牡5/角居厩舎・栗東
  • エポカドーロ/牡4/藤原英厩舎・栗東
  • キセキ/牡5/角居厩舎・栗東
  • サングレーザー/牡5/浅見厩舎・栗東
  • スティッフェリオ/牡/音無厩舎・栗東
  • ステイフーリッシュ/牡4/矢作厩舎・栗東
  • ステルヴィオ/牡4/木村厩舎・美浦
  • ダンビュライト/牡5/音無厩舎・栗東
  • ブラストワンピース/牡4/大竹厩舎・美浦
  • ペルシアンナイト/牡5/池江寿厩舎・栗東
  • マカヒキ/牡6/友道厩舎・栗東
  • ムイトオブリガード/牡5/角田厩舎・栗東
  • ワグネリアン/牡4/友道厩舎・栗東

■2019/3/19現在

大阪杯2019 [注目馬考察]

大阪杯2019出走予定馬/ブラストワンピース

有馬記念は、早めに位置を取りに行く池添騎手の執念が実ったとも言える一戦。加えて、瞬発力が削がれる荒れ馬場。ハービンジャー産駒のこの馬にとっては、馬場も追い風となったか。今回は久々での一戦となるが、阪神は3歳春の毎日杯快勝の実績。時計も1分46秒5と破格の好時計で、舞台・輸送とも不安はなし。距離もベストは2000~2400mあたり。

大阪杯2019出走予定馬/ワグネリアン

昨年のダービー馬。秋の神戸新聞杯を快勝後は、脚元の不安により全休。今回が初めての古馬との対決となるが、ハイレベルと謳われる4歳の頂点に立った馬。力関係云々は問題ではなく、牡馬にしては小柄で久々もOK。母系が短距離~マイル志向で、本質的には2000m前後がベスト。ここは能力全開が見込める舞台。

大阪杯2019出走予定馬/ステルヴィオ

前走の中山記念は、成長分を含めても若干太目(+12キロ)。加えて、4角では外を回らされるロス。最後は上がり最速(33秒5)でタイム差なしまで持ち込んだが、やはり勝負所での位置取りが明暗を分けた形と言える。それでも4歳緒戦を思えば上々すぎる競馬。昨秋のマイルCSで古馬を撫で切ってのGI勝ち。ポテンシャルの高さは証明済みで、2000mまでなら守備範囲内。今年絶好調の丸山騎手2度目の手綱さばきにも注目。

大阪杯2019[今後の動向]

ドバイ、春の天皇賞とカテゴリーは分かれるが、昨年のグランプリホースとダービー馬が激突。見どころも十分大きい一戦。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA