【日経賞2019予想オッズ】 | 本気競馬

【日経賞2019予想オッズ】

スポンサーリンク

odds_ss

スポンサーリンク

日経賞2019 [出走予定馬短評]

古馬の芝中長距離戦線における中山巧者が集結する、第67回日経賞。近年は天皇賞春との関連性が上昇していることに加え、特に今年は阪神大賞典よりもメンバーが揃っており本番を占う意味でも重要な1戦。1番人気には、最強の1勝馬ことエタリオウが抜けた支持を集めそうな雰囲気。以下、重賞好走歴のある馬たちが続きオッズ形成がされてくる。

日経賞2019 予想オッズ/エタリオウ(2.0倍)

前走・菊花賞(G1)は、直線鋭い伸びでゴール寸前まで叩きあいを演じるもハナ差2着。これで全9戦中6度目の2着という父譲りのシルバーコレクターぶりだが、近2走の内容から強い4歳世代の中でもトップクラスの能力があるのは明らか。血統的にも本格化するのはこれからで、今年の芝中長距離路線なら主役候補。初重賞制覇を手土産にG1出走へ向かえるか期待が集まる。オッズは、2倍台が予想される。

日経賞2019 予想オッズ/ゴーフォザサミット(5.2倍)

昨年5月青葉賞(G2)を制した際には、今回1番人気であろうエタリオウを負かした実力馬。その以降は8・7・7着と目立たない戦績だが、ダービーや札幌記念など一線級の相手ばかりで同情の余地はある。いかにも長距離適性がありそうな血統と馬格をしており、今年はこの路線で楽しみな1頭。近走から相手関係も楽になっており、今回は前進必至。オッズは、4倍から7倍台が予想される。

日経賞2019 予想オッズ/クリンチャー(6.5倍)

帰国初戦となった有馬記念(G1)は、絶好位でレースを進めるも早々と手ごたえを失い15着大敗。フランス遠征をきっかけにバランスを崩している感もあるが、昨年春には芝長距離路線で主役級の存在感があった実力馬。中間の乗り込み量豊富で陣営が懸命に立て直しを図っており、調子さえ戻っていれば巻き返し必至。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

日経賞2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はサクラアンプルール。前走・AJCC(G2)では、直線伸びきれず5着。もっとも、この馬の苦手な持久力ある脚が求められる流れで展開不向きと割り切れる1戦。中山コースは重賞勝ち鞍こそないが、有馬記念を含め凡走のない相性の良い舞台。中間調教の動きからも好調を維持しており、昨年このレース3着馬が人気落ちしそうな今回は馬券妙味十分。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA