【阪神大賞典2019予想】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【阪神大賞典2019予想】レース展開と馬券考察

yosou_grade

阪神大賞典2019[レース予想]

逃げる競馬で活路を開いたサイモンラムセスがここもハナへ。ヴォージュ、ステイインシアトル、ロードヴァンドールが先行~好位勢。中団にリッジマン、ソールインパクト、アドマイヤエイカン、シャケトラ、コルコバード。カフジプリンス、ケントオーが後方から。各馬勝負どころから動いてペースアップ。最後はスタミナと底力が要求される。

阪神大賞典2019 予想【本命◎ アドマイヤエイカン】

意識的に動いた前走の万葉ステークスだが、展開・馬場を考慮すれば最善の策だったが、馬自身に戸惑いがあったのか。直線では早々と脱落してしまった。2走前のステイヤーズステークスでは、直線一旦先頭からの2着。スタミナは十分すぎるほどで、本来の溜める形なら巻き返せるはず。3勝マークの岩田騎手への手替わりも好材料。

阪神大賞典2019 予想【対抗○ ステイインシアトル】

阪神では鳴尾記念快勝を含む【2-1-0-0】。トビが大きく綺麗な馬場なら力を出せる馬。今回はベスト舞台だろう。父ステイゴールドは、阪神大賞典【4-2-0-2】。血統面の後押しも大きく、近走は距離不足感を露呈するレース振り。この条件での変わり身が期待できそう。

阪神大賞典2019 予想【単穴▲ リッジマン】

余勢を駆って挑んだ前走の有馬記念だが、1秒2差12着と惨敗。さすがに家賃が高かったが、2走前のステイヤーズステークス快勝が示す通り、G2~G3ならすぐに巻き返せる力関係。阪神【0-0-0-3】とはいえ、急坂の中山を克服しているなら阪神適性も問題なし。ここは実績と適性を再評価。

阪神大賞典2019 予想【特注☆ コルコバード】

こちらもステイインシアトルと同じ、ステイゴールド産駒。牝馬にしてはスタミナ豊富で、芝2200~2400mで計4勝。芝2600mの丹頂ステークスでもリッジマンの2着と好走している。最後猛然と伸びてきた前走の愛知杯も、距離不足を思えばむしろ良く走った部類。牝馬にとっては厳しい一戦だが、今年の顔ぶれなら通用しても。

阪神大賞典2019 [馬券考察]

  • 本命◎:9アドマイヤエイカン
  • 対抗○:4ステイインシアトル
  • 単穴▲:2リッジマン
  • 特注☆:11コルコバード

波乱指数【40】

例年実力馬が出走することもあり、波乱決着とはならなかったが、今年は何でもアリの顔ぶれ。波乱も十分。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番2.4.9.11の4頭BOX。計6点で勝負!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA