【スプリングステークス2019予想】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【スプリングステークス2019予想】レース展開と馬券考察

yosou_grade

スプリングステークス2019[レース予想]

逃げて2連勝のヒシイグアスがここもハナへ行き、コスモカレンドゥラが番手追走。クリノガウディー、ロジャーバローズ、ユニコーンライオンが先行~好位集団を形成し、ファンタジスト、エメラルファイト、ディキシーナイト、シークレットランが中団。ニシノカツナリ、ゲバラ、リーガルメイン、タガノディアマンテが後方から。流れはスロー~平均で前有利。

スプリングステークス2019 予想【本命◎ ニシノカツナリ】

新馬(34秒1)未勝利(33秒9)は、いずれもメンバー最速の伸び。外から豪快に突き抜けた前走は、はっきりとモノの違いを見せつけるものだった。祖母がニシノフラワーで、重賞2勝馬ニシノデイジーと同じ牝系。父ルーラーシップなら中山コースも不安はなく、スローの瞬発力勝負ならこの馬に出番も。

スプリングステークス2019 予想【対抗○ シークレットラン】

前走の京成杯は、母父ディープインパクトの3頭が上位独占。中盤のペースがガクンと緩む特異なペース、加えて12キロ増と馬体に余裕があったのも敗因のひとつだろう。今回はしっかりと調整して、体もスッキリ見せてくれるはず。2走前のレコード勝ちを見ても、瞬発力は一枚上。

スプリングステークス2019 予想【単穴▲ コスモカレンドゥラ】

前走のホープフルステークス4着は、押し出される形でのハナでマイペース。それでも3着ニシノデイジーとは0秒3差で、5着ブレイキングドーンはその後弥生賞3着と好走。この馬も重賞レベルの力は示している。ここはヒシイグアスの逃げを追走する形。前に馬を置いた方がいいはずで、ここは理想の展開。

スプリングステークス2019 予想【特注☆ ゲバラ】

前走の共同通信杯は展開がハマらなかったが、課題のゲートもしっかり決めてラストもしっかりと脚を伸ばした。キャリア1戦だったことを思えば内容は濃く、次に繋がる競馬ができた。京都内1600m快勝から、もしかすると直線の長いコースよりも一瞬の切れが生きる舞台向きの可能性。中山は案外合うかもしれない。

スプリングステークス2019 [馬券考察]

  • 本命◎:4ニシノカツナリ
  • 対抗○:13シークレットラン
  • 単穴▲:6コスモカレンドゥラ
  • 特注☆:5ゲバラ

波乱指数【40】

確たる中心馬不在。どの馬も皐月賞の権利が欲しく、ここ狙いとも。適性、調教などを重視。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番4.5.6.13の4頭BOX。計6点で勝負!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA