【阪神大賞典2019予想オッズ】 | 本気競馬

【阪神大賞典2019予想オッズ】

スポンサーリンク

odds_ss

阪神大賞典2019 [出走予定馬短評]

天皇賞春へ向けた最重要ステップレース、伝統の長距離重賞・第67回阪神大賞典。長距離レースが評価されにくい世界的な傾向もあり、伝統のG2といえど近年フルゲート割れで小粒なメンバー構成になることも多い。今年もその例に漏れず、G1ホースの登録はなし。1番人気には実績上位のシャケトラが支持されそうだが、以下混戦で多くの出走馬にチャンスある1戦となっている。

阪神大賞典2019 予想オッズ/シャケトラ(2.7倍)

前走・AJCC(G2)は、好位先行から直線先頭に立つと菊花賞馬の追撃を退け快勝。約1年ぶりの復帰戦を強敵撃破で重賞2勝目を飾っており、改めてG1を狙える高い能力を示した。今回は長期休養を1度使われ、調子的にも上積み必至。G1常連の同馬にとって相手関係も大幅に恵まれており、今回主役の座は譲れないところ。オッズは、2倍台が予想される。

阪神大賞典2019 予想オッズ/リッジマン(4.5倍)

初G1挑戦となった前走・有馬記念(G1)は、後方待機から見せ場をつくれず12着惨敗。とはいえ、昨年はダイヤモンドS(G3)2着をきっかけにステイヤーズS(G2)制覇まで達成しており、地方ダート1000mでデビューした同馬が現役屈指の芝長距離巧者まで成長した充実の1年。スタミナ勝負は望むところで、天皇賞春に向けてどんな走りを見せるか要注目。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

阪神大賞典2019 予想オッズ/アドマイヤエイカン(6.3倍)

2走前・ステイヤーズS(G2)2着実績があるように、近走は芝長距離路線で能力を発揮。前走・万葉S(OP)は直線失速する不可解な敗戦だったが、久々に主戦・岩田騎手に手綱が戻る今回は前進必至。今年6歳を迎えたがハーツクライ産駒の晩成型で今後も成長の余地は十分。この相手関係なら2歳時以来の重賞制覇も視野に入ってくる。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

阪神大賞典2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はステイインシアトル。阪神コースは初重賞制覇した鳴尾記念(G3)勝ちを含み【2.1.0.0】と相性抜群。初挑戦となる3000m超の長距離戦がポイントになるが、近走では折り合いに苦労せず脚質に自在性も出てきたので乗り方次第で対応可能。血統的にも長距離戦への期待が大きく、スムーズに先行できる展開に持ち込めば上位争いに絡む場面も十分にある。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA