【金鯱賞2019予想】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【金鯱賞2019予想】レース展開と馬券考察

スポンサーリンク

yosou_grade

スポンサーリンク

金鯱賞2019[レース予想]

前走は控えたタニノフランケルだが、ここはハナを切れる組み合わせ。アルアイン、ダノンプレミアムが先行し、エアウィンザー、ギベオン、モズカッチャンが好位集団を形成。リスグラシュー、メートルダール、ペルシアンナイトが中団を追走し、サトノワルキューレ、ショウナンバッハ、ムイトオブリガードが後方から。平均ペース。

金鯱賞2019 予想【本命◎ ダノンプレミアム】

3連勝で朝日杯FSを制し、最優秀2歳牡馬へ選出。明け緒戦の弥生賞も快勝し、春2冠は間違いなしと思われたが、皐月賞直前で痛恨のアクシデント。その後、日本ダービーはぶっつけとなったが、さすがに頂上決戦。甘くはなかった。それでも差はわずかに0秒2差だけ。タラレバは承知でも、まともな状態ならこの馬が勝っていたはずだ。今回はじっくりと立て直しての復帰戦。気性面から距離もこのぐらいがベスト。いきなり能力全開。

金鯱賞2019 予想【対抗○ アルアイン】

母系が短距離志向で、距離を詰めた前走のマイルチャンピンシップは大きな期待がかけられたが、0秒2差の3着。一旦は抜け出して見せ場を作ったものの、あの内容を見る限り、マイルでさらに良さが出たとは言い難い印象。高速決着の皐月賞を制した、この2000mがベスト距離だろう。

金鯱賞2019 予想【単穴▲ タニノフランケル】

結果的にマルターズアポジーが逃げられなかったとはいえ、前走の小倉大賞典は逃げ馬複数でレースの組み立てが難しかった。スタート直後から行く素振りも見せなかったのはそのためだが、しっかりと折り合って2着好走。確かな成長を示した一戦だった。母ウオッカの代表産駒になるべく、まずはここで重賞制覇。

金鯱賞2019 予想【特注☆ メートルダール】

同舞台で行われた中日新聞杯快勝。3走前の新潟記念ではブラストワンピースの2着と、とにかく左回りの2000mでは安定した取り口。右回り2200mでも脚を見せた前走のAJCCは、目下のデキの良さを示すもの。手の合う福永騎手に戻って、舞台もベスト。GI馬が相手でもチャンスはありそう。

金鯱賞2019 [馬券考察]

  • 本命◎:1ダノンプレミアム
  • 対抗○:10アルアイン
  • 単穴▲:5タニノフランケル
  • 特注☆:13メートルダール

波乱指数【20】

GI馬5頭に加えて、イキのいい4歳馬も参戦。上位勢での決着が濃厚か。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番1.5.10.13の4頭BOX。計6点で勝負!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA