【フィリーズレビュー2019予想】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【フィリーズレビュー2019予想】レース展開と馬券考察

スポンサーリンク

yosou_grade

フィリーズレビュー2019[レース予想]

フルゲートで展開が読み辛いが、ハナに行きたいのはアスタールビーとイベリス。ココフィーユ、ウォーターエデン、キュールエサクラ、ジュランビルが先行~好位グループで、プールヴィル、ホウオウカトリーヌ、メイショウメイケイ、アウィルアウェイが中団。アズマヘリテージ、エイティーンガール、レッドアネモスが後方待機。最後はゴッタの乱戦もありそう。

フィリーズレビュー2019 予想【本命◎ ホウオウカトリーヌ】

前走のフェアリーステークスで距離をこなせたとはいえ、当時はスローの決め手比べ。スタミナが問われる流れではなく、本質的にはやはり1200~1400mでこそ。ここはベスト距離の印象。馬込みに入っても怯まない勝負根性は、いかにも混戦向き。輸送も苦にするタイプではなく、桜花賞よりもここでこそ狙いたい馬。

フィリーズレビュー2019 予想【対抗○ アウィルアウェイ】

京王杯2歳ステークスでは、出遅れ+スローペース。最後はインに突っ込み、グイグイ脚を伸ばしたが、勝ったファンタジストは続き朝日杯FSでも4着と走った実力馬。かなりチグハグな競馬から、上がり32秒8で2着なら負けて強しの評価。阪神内回りは新馬戦快勝の舞台。勝ってダノンファンタジーへの挑戦状を手にする。

フィリーズレビュー2019 予想【単穴▲ イベリス】

2、4、5着馬がその後勝ち上がったように、前走のさざんか賞は実にハイレベル。そこを逃げて3馬身完勝なら、この馬の能力も楽に重賞級と見てよさそう。ベルカントの妹らしく、1200mに距離を短縮しての2連勝だが、ベルカントは2014年の当レース勝ち馬。将来的にどうかも、3歳春なら適性よりも素質、完成度重視の手も。

フィリーズレビュー2019 予想【特注☆ ラミエル】

前走はペースが流れたおかげで、大出遅れをカバーすることができたが、怪我の功名とも言える直線一気だった。どんな競馬にも対応できることが分かったし、あの内容なら距離延長も何ら問題なし。遠征帰りのダメージもなく、今週は坂路51.4-37.3-24.5-12.2の自己ベストをマーク。勢いを買う。

フィリーズレビュー2019 [馬券考察]

  • 本命◎:11ホウオウカトリーヌ
  • 対抗○:5アウィルアウェイ
  • 単穴▲:10イベリス
  • 特注☆:7ラミエル

波乱指数【60】

フルゲートで確たる中心馬も不在。各馬、桜花賞の権利取りが絶対条件だけに大波乱もありそう。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番5.7.10.11の4頭BOX。計6点で勝負!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA