【中山牝馬ステークス2019予想】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【中山牝馬ステークス2019予想】レース展開と馬券考察

スポンサーリンク

yosou_grade

中山牝馬ステークス2019[レース予想]

カワキタエンカ、ミッキーチャーム、ランドネと逃げ馬複数。クロコスミア、ウインファビラスも先行したいクチだけに、ペースは自然と吊り上るか。フロンテアクイーン、ノームコア、ワンブレスアウェイ、フローレスマジックが好位~中団グループ。アドマイヤリード、ウラヌスチャーム、デンコウアンジュ、レイホーロマンスが後方で脚を溜めての直線勝負。

中山牝馬ステークス2019 予想【本命◎ ウラヌスチャーム】

前走はいつもより1列前からの競馬となったが、上手く立ち回れた。惜しむらくは最後の直線で狭くなり、内へ進路を切り替えなくてはいけなかったことだが、0秒2差4着なら重賞でも勝ち負けのレベルに達したと見ていい。パワー型のルーラーシップ産駒らしく、中山コースは【1-2-0-0】。前も流れるここは待望の重賞制覇がある。

中山牝馬ステークス2019 予想【対抗○ ミッキーチャーム】

アーモンドアイには完敗だった秋華賞だが、重賞2勝馬カンタービレには1馬身差。2000mを克服できたことを考えれば、非常に中身の濃い一戦だった。1800mには1分46秒5の持ち時計があり、小回り向きの脚質。中山の急坂と乱ペースに巻き込まれた際の危険はあるが、ハイレベル4歳勢としてここは落とせない。

中山牝馬ステークス2019 予想【単穴▲ カワキタエンカ】

昨年の勝ち馬で、続く福島牝馬ステークスでも2着と好走。その後、ヴィクトリアマイル14着、府中牝馬ステークス6着、JBCレディスクラシック16着、ターコイズステークス14着と精彩を欠いているが、すべてこの馬の力を出し切れる条件ではなかった。立て直してベスト舞台なら。

中山牝馬ステークス2019 予想【特注☆ レイホーロマンス】

昨年の3着馬。当時は52キロを背負っていたが、今年は51キロでの参戦。420キロ台と小柄なタイプだけに、この斤量は好材料でこの斤量なら牡馬相手でも通用することを、2走前の中日新聞杯で証明済み。牝馬同士でペースもハマりそうな今回は、昨年の雪辱があっても。

中山牝馬ステークス2019 [馬券考察]

  • 本命◎:9ウラヌスチャーム
  • 対抗○:13ミッキーチャーム
  • 単穴▲:3カワキタエンカ
  • 特注☆:8レイホーロマンス

波乱指数【40】

牝馬限定戦のハンデ戦。加えて今年は逃げ~先行馬が多く、思わぬ乱ペースもありそう。穴狙いもOK。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番3.8.9.13の4頭BOX。計6点で勝負!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA