【弥生賞 2019 出走予定馬】 | 本気競馬

【弥生賞 2019 出走予定馬】

スポンサーリンク

syussouyoteiba

2019/3/3開催「弥生賞(G2)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

弥生賞2019 [1週前出走予定馬]

  • ヴァンケドミンゴ/牡3/藤岡健厩舎・栗東
  • サトノラディウス/牡3/国枝厩舎・美浦
  • ナイママ/牡3/河津厩舎・川崎
  • ニシノデイジー/牡3/高木登厩舎・美浦
  • ブレイキングドーン/牡3/中竹厩舎・栗東
  • メイショウテンゲン/牡3/池添兼厩舎・栗東
  • ラストドラフト/牡3/戸田厩舎・美浦

■2019/2/16現在

弥生賞2019 [注目馬考察]

弥生賞出走予定馬/ニシノデイジー

新馬→京成杯と2連勝。派手さはないが、しっかりと折り合いをつけて緩急自在に立ち回れるセンスの高さ。さすが良血馬(母母マルセリーナは桜花賞馬)といったところだろう。本番では乗り替わりとなるが、今回まではルメール騎手の手綱。前哨戦とはいえ、与し易い顔ぶれとなりそうなだけに、キッチリと結果を出したい。

弥生賞出走予定馬/ニシノデイジー

前走のホープフルステークスは、前半1000m通過が62秒5。最内枠だけに逃げる競馬なら勝機もあったかもしれないが、今後を見据えて控える競馬。結果3着とは言え、この経験が今回に繋がるはず。東京コースでも結果を出したが、ハービンジャー産駒らしく、小回り4つのコースがベスト。勝って本番へ向かう。

弥生賞出走予定馬/サトノラディウス

前走の梅花賞は5頭立て。勝負所での反応が鈍く、4角では一旦位置を下げてしまったが、そこから外を回っての差し切り勝ち。本気で走ったのは正味ラストだけと見れば、これは着差以上の強さ。一戦ごとに力をつけそうなタイプだし、今回もおそらく頭数は手ごろ。重賞勝ち馬を撃破できるのは、この馬の素質か。

弥生賞2019[今後の動向]

近年は共同通信杯にお株を奪われているが、皐月賞の前哨戦といえばやはりこの弥生賞。上位入線馬は本番でも注意。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA