【京都牝馬ステークス 2019 予想オッズ】 | 本気競馬

【京都牝馬ステークス 2019 予想オッズ】

スポンサーリンク

odds_ss

スポンサーリンク

京都牝馬ステークス2019 [出走予定馬短評]

芝1400mにリニューアルされて4年目を迎えた京都牝馬ステークス。ヴィクトリアマイルへ向けた勢力と高松宮記念を狙う短距離馬が中間距離に集まることになり、粒ぞろいの実力馬が揃うことの多い1戦。今年も重賞4勝実績を誇るミスパンテールを中心に多彩で魅力的なメンバーが登録しており、春のG1戦線に向けて見逃せないレースとなった。

京都牝馬ステークス2019 予想オッズ/ミスパンテール(3.0倍)

昨年このレースの勝ち馬が連覇を狙い今年も参戦。前走・ターコイズS(G3)は、中団待機から直線鋭く伸びる完璧なレース運びで快勝。昨年末からの本格化以降、マイル以下の距離では絶対的な安定感を誇っており、牝馬限定のG3レベルなら崩れる気配はない。寒い時期に調子を上げてくるタイプで好調を維持しており、連覇達成の可能性も高そう。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

京都牝馬ステークス2019 予想オッズ/ワントゥワン(3.8倍)

昨年は関屋記念(G3)2着を皮切りに3戦連続で重賞連対する強さを発揮。強豪牡馬相手にも互角以上に走っており、得意の京都1400mで牝馬限定戦となれば能力上位。追い込み一辺倒の脚質で取りこぼしが多いのは課題だが、そのぶん末脚に不発はなく切れ味抜群。展開さえ味方すれば、直線一気で突き抜ける場面は容易に想像できる。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

京都牝馬ステークス2019 予想オッズ/アルーシャ(6.2倍)

前走・ユートピアS(1600万下)は先行馬にとって厳しい流れとなったが、道中4番手からラスト3F33.6の脚でまとめる強い内容。ここまで【4.1.2.0】の安定感に加え、近走は3連勝で一気にOP入りを決めており充実一途。相手関係は一気に強化されるが、ここで上位争いできるようならヴィクトリアマイルの主役候補になってきそうなスケール感がある。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

京都牝馬ステークス2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はベルーガ。2歳時には今回と同舞台のファンタジーS(G3)で重賞を制覇。2戦2勝で牝馬クラシックの有力候補になったほどの素質馬。昨年10月に骨折から復帰して3着・5着と勝ち鞍はないが、直線ではしっかり末脚を使えており故障の影響はない模様。長期休養からの復帰3戦目はいかにも走りごろ。距離不足で負けた前走着順で少しでも人気を落とすようなら、積極的に狙いたい1頭。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA