【ダイヤモンドステークス 2019 予想オッズ】 | 本気競馬

【ダイヤモンドステークス 2019 予想オッズ】

odds_s

ダイヤモンドステークス2019 [出走予定馬短評]

芝長距離ハンデ重賞という稀有な舞台設定で行われる真冬の名物レース・ダイヤモンドステーク。波乱含みのイメージもある条件下だが、直近6年では1番人気が5勝しており実力馬が順当に勝利を収めている。今年の1番人気候補は、昨年の菊花賞3着実績のあるユーキャンスマイル。このレースでも強い4歳世代がオッズの中心となってくる。

ダイヤモンドステークス2019 予想オッズ/ユーキャンスマイル(2.5倍)

年明け初戦の万葉S(OP)は、1.5倍の断然人気に支持されるも逃げ馬をハナ差捕えきれず2着。それでも自ら動いて勝ちに行く積極的なレース運びで強さを示しており、芝長距離で重賞級の能力があるのは明白。昨年夏の休養から復帰後は、菊花賞を含む3戦連続で上がり最速をマーク。末脚の破壊力が増してきた現状、直線の長い東京なら勝ち負け濃厚な存在。オッズは、2倍台が予想される。

ダイヤモンドステークス2019 予想オッズ/グローブシアター(3.7倍)

前走・万葉S(OP)では、好位先行から直線でもしっかり脚を伸ばしタイム差なしで僅差の3着。潜在能力を評価されつつ条件戦卒業まで時間を要したが、OPクラスでも通用する目処がたつ好内容。母シーザリオで兄弟にG1馬多数の良血馬が、いよいよ本格化して重賞戦線に乗ってくるか要注目。オッズは、3倍から4倍台が予想される。

ダイヤモンドステークス2019 予想オッズ/ウインテンダネス(5.8倍)

昨年は目黒記念(G2)で重賞初勝利を飾ると、その後も京都大賞典(G2)6着・アルゼンチン共和国杯(G2)4着とG2を主戦場として善戦。遅咲きの血統が開花しており、得意の東京コースなら期待大。前走で勝ち馬から2.3秒離される大敗を喫したことでコンディションが心配されるが、実績面では最上位なだけに能力が発揮できれば上位争いは必至。オッズは、5倍から7倍台が予想される。

ダイヤモンドステークス2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はブライトバローズ。近走着順では大きな数字が並んでいるが、これは調教師自身も認めているように昨年夏場から状態が落ちていた影響。中間は放牧を挟んで立て直しを図り、一週前調教も精力的に追われて体調面は着実に良化。準OPクラスではパフォーマプロミスを負かしているほど馬なので、得意の東京&ハンデ戦を追い風にハマれば初重賞制覇もありえる。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA