【シルクロードステークス 2019 予想オッズ】 | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【シルクロードステークス 2019 予想オッズ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

odds_ss

スポンサーリンク

シルクロードステークス2019 [出走予定馬短評]

高松宮記念を狙うスピード自慢が集結し、毎年激戦が繰り広げられるシルクロードステークス。ファインニードルが引退したことでこの路線の王者不在となっており、次世代のスプリント王を狙う実力馬が複数エントリー。なかでも強い明け4歳世代からダノンスマッシュとラブカンプーが登録しており、この2頭を中心としたオッズ形成になってくる。

シルクロードステークス2019 予想オッズ/ダノンスマッシュ(2.3倍)

前走・京阪杯(G3)では、道中4番手でしっかり折り合うと直線力強く抜け出し2着以下に0.3秒差をつける完勝劇。3走前から1200m路線に距離短縮して以降、抜群の距離適性を発揮して順調にステップアップ。父ロードカナロアという血統背景もあり、スプリント王になれる素質十分。高松宮記念に向けて重賞連勝なるか期待が集まる。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

シルクロードステークス2019 予想オッズ/ラブカンプー(2.6倍)

昨年は葵S(G)2着を皮切りに重賞5戦連続で馬券対象になる快進撃。特に前走・スプリンターズS(G1)では、好位先行からゴール直線まで先頭をキープしてタイム差なしの2着と見せ場たっぷり。実績的にも血統的にも圧倒的なスプリント適性を示しており、今後この路線の主役候補の1頭。近走から相手関係も楽になった今回、重賞初制覇なるか要注目。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

シルクロードステークス2019 予想オッズ/アレスバローズ(9.5倍)

昨年夏にCBC賞(G3)・北九州記念(G3)を連勝してサマースプリント王者になったほどの実力馬。近走は二桁着順が続くが、スプリンターズS(G1)は夏場の使い詰めと相手強化、京阪杯(G3)は休み明けで慣れない先行策と言い訳のできる敗戦。実績的にメンバートップクラスで、調子さえ戻っていれば2強崩しを狙える能力を秘めている。オッズは、8倍から10倍台が予想される。

シルクロードステークス2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はリョーノテソーロ。3走前から芝1200m路線に専念して3着1回と目立つ結果は残せていないが、勝ち馬との差もわずかで着順ほど負けていない内容。短距離の早いペースのおかげで折り合いに不安がなくなり、直線で堅実な末脚が使えるようになったのは大きな収穫。3歳時には3連勝でG1挑戦したほどの素質馬だけに、1200mの流れに慣れ始めた今回は走りごろとみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA