【東海ステークス 2019 予想】 | 本気競馬

【東海ステークス 2019 予想】

スポンサーリンク

yosou_grade

スポンサーリンク

東海ステークス2019[レース予想]

アンジュデジールの前走は、押し出されてのハナ。インティも前走控えて快勝なら逃げに固執することはなさそう。何が行ったとしても、スロー~平均程度で先行有利の展開。コスモカナディアン、スマハマ、チュウワウィザード、マイネルバサラが好位勢。モルトベーネ、グレンツェント、アスカノロマンが中団を追走し、アングライフェン、カゼノコ、シャイニービームが後方に構えての直線勝負。

東海ステークス2019 予想【本命◎ コスモカナディアン】

昨年の東海ステークスで2着。勝ち馬テイエムジンソクに3/4馬身迫ったところがゴールだったが、後続には6馬身差。この馬も強いレースをしていた。昨年は師走ステークスからの臨戦だったが、今年は師走ステークスからベテルギウスステークスを挟んでのステップ。それだけ状態がいいという証拠だろう。川崎記念3着などもあり、典型的な冬馬。ここはキャリアの差が生きる。

東海ステークス2019 予想【対抗○ チュウワウィザード】

前走の名古屋グランプリは頭数が手頃だったとはいえ、ミツバ・グリムなどの重賞勝ち馬を封じ込んでの快勝。デビュー以来【5-1-2-0】とすべて馬券内で、まだまだ底を見せない魅力が大きい。母はダート1700~1800mで3勝で、前走は小回りのぶん距離をこなしただけ。本質的には中距離ランナーだろう。

東海ステークス2019 予想【単穴▲ グレンツェント】

前走は久々の一戦で本調子手前ということもあったが、東京1600mでのスピード勝負。この馬には少し忙しいレースとなってしまった。2017年の東海ステークス、16年レパードステークス快勝を含み、全6勝中5勝がこの1800m。日本での人気も定着したミナリク騎手とのコンビも心強い。

東海ステークス2019 予想【特注☆ アスカノロマン】

2016年のこのレースを勝ち、同年のチャンピオンズCで3着と好走。もう遠い過去の話になってしまったが、復帰後の前2走は強豪相手に大差なし。前走も最後の直線では「おっ!」と思わせる雰囲気もあった。この顔ぶれなら実績上位だし、中京1800mもベスト舞台。3着穴なら狙えそう。

東海ステークス2019 [馬券考察]

  • 本命◎:⑩コスモカナディアン
  • 対抗○:③チュウワウィザード
  • 単穴▲:①グレンツェント
  • 特注☆:②アスカノロマン

波乱指数【50】

一気に重賞の舞台まで駆け上がってきたインティを取捨がポイント。実績を買えばアンジュデジールだが、ここはチュウワウィザード、スマハマら明け4歳勢も強力。大波乱までは見込めないか。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番①②③⑩の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA