【根岸ステークス 2019 出走予定馬】 | 本気競馬

【根岸ステークス 2019 出走予定馬】

syussouyoteiba

2019/1/27開催「根岸ステークス(G3)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

根岸ステークス2019 [1週前出走予定馬]

  • キタサンミカヅキ/牡9/佐藤賢厩舎・船橋
  • ケイアイノーテック/牡4/平田厩舎・栗東
  • コパノキッキング/セン4/村山厩舎・栗東
  • サトノファンタシー/牡6/松田国厩舎・栗東
  • サンライズノヴァ/牡5/音無厩舎・栗東
  • ダノングッド/牡7/村山厩舎・栗東
  • メイショウウタゲ/牡8/安達厩舎・栗東
  • モーニン/牡7/石坂正厩舎・栗東
  • ヤマニンアンプリメ/牝5/中村厩舎・栗東

■2019/1/13現在

根岸ステークス2019 [注目馬考察]

根岸ステークス出走予定馬/キタサンミカヅキ

前走のカペラステークスでは、58kgを背負っての0秒2差3着。勝ったコパノキッキングは55kg、2着サイタスリーレッドが56kgだったことを思えば、負けて強しが当て嵌まる競馬。JBCスプリント3着の力を、改めて証明することはできた。条件戦とはいえ、JRA在籍時に東京ダートで2勝なら、コース変わりも問題ないだろう。

根岸ステークス出走予定馬/ケイアイノーテック

母ケイアイガーベラがダート重賞2勝とはいえ、今回が初ダート。正直半信半疑の面は残るが、古馬相手の秋3戦は明らかに瞬発力不足。この馬も徐々にダート馬仕様にモデルチェンジしてきた印象もある。砂質の軽い東京なら、克服の可能性もある。

根岸ステークス出走予定馬/コパノキッキング

前走のカペラステークスは、直線大外強襲。まだまだ荒削りだが、能力は優にGI級。気性の勝ったタイプだけに、今回は1400mへの距離延長が課題とはなるが、差す形が定着した今なら東京コースはむしろ歓迎だろう。重賞連勝なるか。

根岸ステークス2019[今後の動向]

公営からキタサンミカヅキ、初ダートのケイアイノーテックなど見どころが多い一戦。距離は違うが、意外と本番に直結する傾向も見逃せない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA