【アメリカジョッキークラブカップ 2019 出走予定馬】 | 本気競馬

【アメリカジョッキークラブカップ 2019 出走予定馬】

syussouyoteiba

2019/1/20開催「アメリカJCC(G2)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

アメリカJCC2019 [1週前出走予定馬]

  • アクションスター/牡9/和田勇厩舎・美浦
  • グレイル/牡4/野中厩舎・栗東
  • サクラアンプルール/牡8/金成厩舎・美浦
  • ジェネラーレウーノ/牡4/矢野英厩舎・美浦
  • シャケトラ/牡6/角居厩舎・栗東
  • ショウナンバッハ/牡8/上原厩舎・美浦
  • ステイインシアトル/牡8/池江寿厩舎・栗東
  • ダンビュライト/牡5/音無厩舎・栗東
  • フィエールマン/牡4/手塚厩舎・美浦
  • マイネルフロスト/牡8/高木登厩舎・美浦
  • マイネルミラノ/牡9/相沢厩舎・美浦
  • ミライヘノツバサ/牡6/伊藤大厩舎・美浦
  • メートルダール/牡6/戸田厩舎・美浦

■2019/1/9現在

アメリカJCC2019 [注目馬考察]

アメリカJCC出走予定馬/ジェネラーレウーノ

菊花賞はすんなりとハナを切れたものの、距離を意識しすぎたか消極的なレースに。ハイペース先行から粘り込んだ皐月賞3着を見ても、この馬の持ち味は後続に脚を使わせる逃げ。京成杯、セントライト記念の2重賞を制した中山ならその形に持ち込みやすく、距離もベスト。ここはキッチリと決めたい。

アメリカJCC出走予定馬/グレイル

最後の直線で進路がなくなった前走だが、内へモタれる仕草も。あの一戦だけでは判断できないが、やはり左回りベターは間違いないところ。皐月賞、セントライト記念とも上がりはメンバー最速。距離も2000~2200mがベストの印象だけに、ここは巻き返しに期待。

アメリカJCC出走予定馬/ダンビュライト

前走のチャレンジCでも駐立が悪く、位置取りが後ろになってしまったが、最後はインを捌いての4着。無念の除外となった天皇賞・秋の悪い流れを断ち切るには、十分すぎる内容だった。今回も当日の気配重視だが、昨年の勝ち馬。時計のかかる馬場がベストだし、連覇の可能性はある。

アメリカJCC2019[今後の動向]

菊花賞馬フィエールマンの出否が流動的だが、G2としては少し小粒な印象も。強い明け4歳勢に注目が集まりそうだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA