【京成杯 2019 予想オッズ】 | 本気競馬

【京成杯 2019 予想オッズ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

odds_ss

スポンサーリンク

PR-

PR-

京成杯2019 [出走予定馬短評]

皐月賞と同じ中山芝2000mが舞台となり、本番へ向けて見逃せない1戦となるG3京成杯。昨年はこのレースを制したジェネラーレウーノが皐月賞で3着好走するなど、近年では牡馬クラシックとの関連性も高まってきた。今年は粒ぞろいのメンバー構成ながらも、中心馬不在の混戦ムード。どの馬がクラシック戦線に名乗りを上げるか注目が集まる。

京成杯2019 予想オッズ/シークレットラン(3.8倍)

未勝利・葉牡丹賞(500万下)を連勝中で充実一途。特に前走は、後方から鮮やかに差しきり2歳レコードで走破する快勝劇。馬体重もデビュー時から20kg以上増やしながら好走を続ける成長力を示しており、今後に向けて伸びしろも十分。中山2戦2勝とコース相性も抜群で、3連勝で一気にクラシック有力候補に浮上してくるか。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

京成杯2019 予想オッズ/ラストドラフト(4.7倍)

新馬戦では、直線ラスト3F33.1の瞬発力で接戦を制する勝負強さをみせて快勝。直線で何度も手前を変える若さも見せており、まだ余力を感じさせる好内容。桜花賞馬マルセリーナの初年度産駒で注目度が高く、ルメール騎手の継続騎乗も大きな追い風。ノヴェリスト産駒の重賞初制覇は、この馬が達成する可能性も十分にある。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

京成杯2019 予想オッズ/ランフォザローゼス(6.0倍)

前走・葉牡丹賞(500万下)では、単勝1倍台の断然人気に支持されるも2着惜敗。とはいえ、勝負所で進路が窮屈になる不利があり、脚を余しながらも僅差の勝負持ち込んで改めて力を示す内容。ゲートセンスと先行力があり、距離短縮はプラス材料。新馬戦で見せたスムーズなレース運びができれば、重賞でも好勝負必至。オッズは、5倍から7倍台が予想される。

京成杯2019 [狙い目となる穴馬は?]

ダノンラスターは、前走・東京スポ杯2歳S(G3)でスタートから後手を踏み4角14番手の苦しい位置取り。そこから圧巻の末脚を繰り出し0.3秒差の5着まで迫っており、道中スムーズであれば勝ち負けに絡めた強い内容。デビューから2戦連続で33秒台の末脚を使っており、瞬発力比べならメンバー屈指。鞍上も12月絶好調だったデムーロ騎手を確保しており、直線あっさり突き抜けても驚きはない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA