【日経新春杯 2019 予想オッズ】 | 本気競馬

【日経新春杯 2019 予想オッズ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

odds_s

スポンサーリンク

PR-

PR-

日経新春杯2019 [出走予定馬短評]

年明け最初のG2レースで古馬中距離戦線の実力馬が多数集結する日経新春杯。昨年こそ6歳馬パフォーマプロミスが勝利しているが、過去10年で4歳馬が6勝&5連対と好成績を残しているのが目立っている。特に今年の明け4歳勢は昨年後半の重賞戦線で大活躍したハイレベルな世代でもあり、このレースの上位争いも4歳世代が中心となってくるはず。

日経新春杯2019 予想オッズ/メイショウテッコン(3.5倍)

前走・菊花賞(G1)は、不得意とする直線での瞬発力比べとなり14着惨敗も敗因は明白。展開の向いた神戸新聞杯(G2)では、ダービー馬&菊花賞2着馬と僅差のレースをしており、ハマればG1でも通用する能力は備えている。京都コースは経験豊富で、白百合S(OP)で圧巻の逃げきりをみせたベストの舞台。先行力を活かせる展開に持ち込めば、勝ち負けできる可能性は高い。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

日経新春杯2019 予想オッズ/グローリーヴェイズ(4.4倍)

前走・菊花賞(G1)では、大外枠からロスの多い競馬だったが、直線でメンバー最速タイの末脚を繰り出し5着善戦。昨夏・佐渡S(1600万下)での古馬撃破から急激に力をつけており、その成長力には目を見張るものがある。デビューから掲示板を外していない堅実さも魅力。今回は連対率100%と相性の良いデムーロ騎手に手綱が戻り、初重賞制覇のチャンス到来。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

日経新春杯2019 予想オッズ/ムイトオブリガード(5.0倍)

3連勝で挑んだ前走・アルゼンチン共和国杯(G2)は、メンバー最速の末脚で追い込むも0.1秒差の2着惜敗。近走では展開や位置取りに左右されず、常に上位争いをする実力を身に着けており完全に本格化した模様。芝2400mは3戦3勝と抜群の実績を残しており、距離適性ならメンバー随一。強い4歳世代をまとめて負かすなら、この馬が最有力候補か。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

日経新春杯2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はシュペルミエール。前走・オリオンS(1600万下)では、道中2番手の絶好位から直線でも長く良い脚を使い1年9か月ぶりの白星。屈腱炎での休養期間も長く、6歳馬ながらまだ全11戦で馬券を外したのは菊花賞6着のみと底を見せていない状態。遅れてきた大物がここで初重賞制覇を飾り、今年の古馬中距離戦線を賑わす存在になるかもしれない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA