【フェアリーステークス 2019 予想オッズ】 | 本気競馬

【フェアリーステークス 2019 予想オッズ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

odds_s

スポンサーリンク

PR-

PR-

フェアリーステークス2019 [出走予定馬短評]

3歳牝馬クラシックロードの開幕を告げる重賞、フェアリーステークス。直近10年でも高配当の三連単が過半数を占めているように、実力拮抗のメンバーが揃うことが多く難解なレース。今年はタニノミッションを筆頭に例年以上に話題馬や良血馬が揃っており、桜花賞に向けて見逃せない1戦となった。

フェアリーステークス2019 予想オッズ/タニノミッション(2.8倍)

1戦1勝で挑んだ阪神ジュベナイルF(G1)では、直線内でしぶとく伸び続け見せ場をつくる7着善戦。翌週の牡馬G1にも登録していたほど能力を陣営に評価されており、G3ならあっさり勝てる能力は備えている。鞍上にも昨年から好調を維持している川田騎手を確保。謹慎明けの角居調教師の復帰週を、重賞制覇で飾れるか要注目。オッズは、2倍から4倍台が予想される。

フェアリーステークス2019 予想オッズ/コントラチェック(4.0倍)

前走・サフラン賞は、マイペースで逃げた勝ち馬こそ捕え損ねるも3着以下には3馬身半差をつけ2着好走。負けたとはいえ最も強い印象を残しており、重賞級の能力を示した1戦だった。札幌で7馬身差圧勝をしているように、この時期の力のいる中山の馬場はプラス材料。名門藤沢厩舎が期待する3歳牝馬で、多くの支持を集めてきそう。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

フェアリーステークス2019 予想オッズ/レーヴドカナロア(6.9倍)

2歳時にはまだ素質だけで走っている感があったが、ここへきて調教での動きも着実に良化しており力をつけてきた。名牝レーヴドスカーに旬の種牡馬ロードカナロアという良血馬が、このままクラシック戦線に絡まないのは考えにくい。前走・ファンタジーS(G3)では勝負所から後れをとり8着惨敗しているが、調子上向きの今回は巻き返し必至。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

フェアリーステークス2019 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はチビラーサン。前走は4角15番手からメンバー唯一ラスト3F33秒台の末脚で豪快な直線一気を披露。新馬戦では好位先行策から2着好走していた馬が、道中脚を溜める競馬でも強さを見せたのは大きな収穫。どこからでも競馬ができる自在性は魅力で、血統的にも中山替わりは期待大。未勝利勝ちしたばかりゆえ、人気の盲点となりそうな今回は馬券妙味あり。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA