京都金杯2019追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表! | 本気競馬

京都金杯2019追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

oikiri3

京都マイルの金杯を制するのは状態絶好のこの馬!

京都金杯の発走が近付いてきました。今年初の重賞を制するべく各馬虎視眈々といったところですが、昨年秋から使い続けてきている馬はそろそろ疲れも気になってくる頃。それだけに各馬の状態面をしっかりとチェックして状態絶好の馬を狙うことが馬券予想的中の近道となってくるのではないでしょうか。

調教評価 A 意欲的な攻め内容で動き良好
パスクアメリカーナ 栗東CW 86.4 68.7 53.6 39.2 11.9 一杯
最終追い切りは終いだけ伸ばして追われましたが反応抜群の伸びでラスト11秒台フィニッシュ。大晦日にもCWコースで69.1 53.2 38.0 11.9と鋭い脚を見せているように調整は至極順調。休み明けであった前走から着実に上積みが感じられる動きを見せていることからもこの京都金杯でどんな走りを見せてくれるのかは非常に楽しみとなってくるところ。今年大きいところを狙うならばまずはここを勝って賞金を加算させておきたいところでもあり、陣営も力の入る1戦となることでしょう。

調教評価 A 絶好の動きを見せ一発気配
ヒーズインラブ 栗東CW 82.2 64.9 50.3 36.8 11.8 強め
5F64秒台をマークして終いまでしっかりと伸びる好追い切りを消化。昨年春のダービー卿チャレンジトロフィーを制してからは成績も芳しくないところはありますが、稽古の動きについてもレースに関しても冬の寒い時期の方が時計も出れば成績も良くなる傾向がある馬。マイルCSとて9着ながら0.4差と差のないところまで走ってきていることを考えれば、ここで復活の走りを見せてくれる可能性は十分。一発を期待できる状態にあると言っていいでしょう。

調教評価 A 坂路で活発な動きを見せる
グァンチャーレ 栗東坂路 52.7 38.5 25.0 12.3 馬なり
いつも坂路で好時計を出し続けているグァンチャーレですが、この中間も1週前に坂路で51.2 36.9 23.9 12.0と引き続きの好時計をマーク。最終追い切りも活発な動きを見せており、ここ数戦はこの動きで安定した成績を残してきているだけに今回もここ一連の状態を保っていると見てよさそうなところ。京都マイルコースといえばシンザン記念を勝っている相性のいいコースでもあり、決め手に欠ける部分はあるもののここでも安定した脚を見せてくれることを期待してもいいのではないでしょうか。

この他では、カツジリライアブルエースもまずまずの動きを見せており好調と判断できるだけにB評価はつけておきたいところ。人気になりそうなサラキアも動き自体は悪くはないものの、実質的な追い切りは12月31日。それ以降に速い時計はない変則調整となっており、このリズムの変化が影響なければという危惧があることからB評価にとどめておきたいと思います。

keibajo_02

それでは今週はこの京都金杯で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA