【東京大賞典 2018 予想】 | 本気競馬

【東京大賞典 2018 予想】

yosou_chihou

2018 東京大賞典 [レース予想]

昨年も同日に開催されたGⅠ東京大賞典。3歳馬ルヴァンスレーヴが暫定ダート馬日本一となったが、同馬が不在のここでは人気がゴールドドリームに偏りそう。ダートの有馬記念とも言えるような盛り上がりを見せるこのレースで、中央の人気馬が強さを見せるか、それとも地方馬が退けるのか。メンバー構成を見ると流れはやや落ち着いてきそうなところだが、スーパーステションが刻むペースによっては差しが届く可能性も。

東京大賞典 予想【◎サウンドトゥルー】

本命はサウンドトゥルー。同馬は前走・JBCクラシックで5着という成績に終わったが、後方から鋭く脚を伸ばし健在をしっかりとアピールした。馬体は特に仕上がっており、位置取りがあまり厳しくなければ、もっとスムーズに外目を突いての進出も有り得ただろう。この大井の2000mでは殆ど馬券圏内であり、GⅠクラスを2勝もするなど実績的にも十分な存在。御神本騎手とのコンビも気になる安定感ある強豪牡馬だ。

東京大賞典 予想【○ゴールドドリーム】

対抗はゴールドドリーム。同馬は前走・南部杯で年下のルヴァンスレーヴに敗れたが、その後のライバルの走りを見れば恥ずかしい敗戦ではなかった。時代が徐々に流れ始めたが同馬の力もまた上位であり、帝王賞を勝つなど今年も非常に強い内容が目立った。ルメール騎手で挑む戦いでは連対を外した経験がなく、この点からも不発に終わる可能性は相当に低そうだ。争覇圏に間違いない。

東京大賞典 予想【▲ケイティブレイブ】

3番手はケイティブレイブ。左回りに良績の無い同馬が前回走ってきたのが、ルヴァンスレーヴが快勝したチャンピオンズカップの舞台だった。右回りに変わる今回は、前走のような競馬にはならずに、最後きっちり脚を伸ばしてライバルを封じにかかるだろう。流れ的にも好位で運べる同馬の脚質には好感で、スーパーステションが控えめに行けば先頭でゴールする可能性も。

東京大賞典 予想【△オメガパフューム】

最後はオメガパフューム。新馬から4戦で乗り続け、3勝を挙げたデムーロ騎手が、今回4戦ぶりに鞍上に復帰する今回の大一番。ルヴァンスレーヴという同世代に輝く存在がいたために、本来主戦であった相棒と別れることになっていた同馬。ここはきっちり結果を出して存在をアピールしたいところだ。右回りではまだ連対を一度も外していない安定感で、戦ってきた相手から見ても一発は十分有り得る存在。中央馬が粒ぞろいの今年も上位独占を果たしそうだ。

2018 東京大賞典 [馬券考察]

馬券は2種類。 馬複流しで◎ー〇▲△の3点と、三連単◎→〇▲△→〇▲△6点の計9点で勝負! 東京大賞典は12月29日、大井競馬第10レース、16時30分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA