【兵庫ゴールドトロフィー 2018 予想】 | 本気競馬

【兵庫ゴールドトロフィー 2018 予想】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

yosou_chihou

スポンサーリンク

PR-

PR-

2018 兵庫ゴールドトロフィー [レース予想]

昨年は武豊騎手が騎乗したグレイスフルリープが優勝したレースだが、今年はその武豊騎手もグレイスフルリープの姿もない。ただ2着したラブバレットら上位入着した実績馬は見られ、そこに新しく中央から参戦する馬たちが加わった。中でも今後のダートの短距離界のエースとなりそうなのが、今回は吉村騎手を配して臨む中央のマテラスカイだ。ただ同馬はスピードの出る馬場が得意で地方では未知数。これに加え58kgという重ハンデの影響も微妙だ。

兵庫ゴールドトロフィー 予想【◎サクセスエナジー】

本命はサクセスエナジー。同馬は今回と同じ距離の1400mを得意にしていて、その4勝中で地方ダート2勝の実績を挙げている。この2勝は共にダートグレードレースでの結果でもあり、最内枠からロスなく行ける今回も勝機は十分だ。マテラスカイが外に入って枠順的にも優位に立ったが、逃げるであろうライバルをマークしながら行ける展開も理想。ハンデも57kgであればむしろこの馬には好都合で、3つ目の重賞制覇を賭けた走りに期待したいところだ。

兵庫ゴールドトロフィー 予想【○マテラスカイ】

対抗はマテラスカイ。兵庫の名手・吉村騎手を配した今回の同馬であるが、先述のとおり本来はスピードの出る馬場が得意なタイプ。地方の時計がかかるダートで冬場となると不安も残る。それでもJBCスプリントで際どい2着はやはり素晴らしく、スピード能力を見れば印をこれ以上は下げられない。大外枠というまさかの不運も重なった今回であるが、58kgのハンデと合わせてこれらを跳ね除けることができれば。

兵庫ゴールドトロフィー 予想【▲エイシンバランサー】

3番手はエイシンバランサー。マテラスカイが逃げてペースを作り、最内からはサクセスエナジーで、ペースが速くなることは恐らく避けられない今回の一戦。純粋に時計が求められる点を考えての3番手は同馬だ。前走・笠松グランプリは地方でも屈指に時計が出るレースで、同馬はラブバレットを破って勝利するなど充実している。サマーチャンピオンも勝っており、勢いにも目が離せない存在だ。

兵庫ゴールドトロフィー 予想【△サンライズメジャー】

最後はサンライズメジャー。同馬は前走・霜月ステークスで9着と敗れはしたが、混戦の中コンマ4秒差と上位と差のない競馬はできた。9歳馬だが衰えは見られずダートでは安定感を発揮し、回りの如何にかかわらず高いスピードの持続力が売りだ。速い流れが想定され、その点から慣れのある同馬は買いで、芝でも走ってきた実力を遺憾なく出し切ることができれば。

2018 兵庫ゴールドトロフィー [馬券考察]

馬券は2種類。 馬複流しで◎ー〇▲△の3点と、3連単◎→〇→▲△の2点で計5点で勝負! 兵庫ゴールドトロフィーは12月27日、園田競馬第10レース、16時00分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA