【有馬記念 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【有馬記念 2018 予想オッズ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

odds_ss

スポンサーリンク

PR-

PR-

有馬記念2018 [出走予定馬短評]

過去には数々のドラマを生みだし、最大級の盛り上がりをみせる年末のグランプリレース・有馬記念。今年もレイデオロを筆頭に各世代のトップクラスが多数登録しているが、なかでも注目度が高いのはオジュウチョウサンの参戦。平地復帰後も条件戦ながら2戦2勝で連勝を「11」まで伸ばしており、障害最強馬が有馬記念制覇という空前絶後の大偉業なるか期待が集まる。

有馬記念2018 予想オッズ/レイデオロ(2.4倍)

前走・天皇賞秋(G1)は、好位でしっかり折り合うと直線鮮やかに突き抜けダービー以来2度目のG1制覇。未勝利期間が1年続いて歯がゆい状況だったが、今秋の2連勝でダービー馬の完全復活を印象づけた。近走はどの位置取りでもレースができる自在性が増しており、小回り中山も問題なし。アーモンドアイ不在の相手関係なら1番人気濃厚で、古馬最強の座は譲れない。オッズは、2倍台が予想される。

有馬記念2018 予想オッズ/キセキ(3.7倍)

ここ2戦は逃げる戦法をとり天皇賞秋3着・ジャパンカップ2着と好走続き。特に前走は、破格の世界レコードを演出するラップタイムを刻んで3着以下を突き放しており、逃げ馬としての才能が開花し始めた印象がある。川田騎手騎乗時には複勝率100%で鞍上とも相性抜群。脚質的にも中山替わりはプラス材料で、菊花賞以来のG1制覇もすぐ手の届く位置にいる。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

有馬記念2018 予想オッズ/ブラストワンピース(7.0倍)

前走・菊花賞(G1)は、1番人気に支持されるも距離延長が影響して4着。それでも堅実に上位争いには加わり、ダービーの内容からも世代トップクラスの能力があることに疑いの余地はない。G1未勝利ながら新潟記念で既に古馬相手に圧勝しており実績十分。ジャパンCやチャンピオンズCに続き、3歳馬代表として有馬記念でも世代交代を起こせるか。オッズは、6倍から8倍台が予想される。

有馬記念2018 [狙い目となる穴馬は?]

サクラアンプルールは、前走・天皇賞秋で戦前の低評価を覆し6着善戦。適性に欠けると思われた軽い馬場でも結果を残す好調ぶりで、中山記念2着や日経賞3着など重賞実績のある得意の中山に替わるなら前進必至。昨年の有馬記念では勝負所で大きな不利を受け16着。それがなければ確実に上位争いに加わる抜群の手ごたえだっただけに、1年越しのリベンジで波乱の立役者を狙う。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA