朝日杯フューチュリティステークス2018追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表! | 本気競馬

朝日杯フューチュリティステークス2018追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

oikiri3今年の2歳マイル王に輝くのは状態絶好のこの馬!
朝日杯FSの発走が近づいてきました。今年はグランアレグリアが圧倒的な1番人気に前売りオッズからも支持されておりどんな走りを見せるのか楽しみなところではありますが、この牝馬を負かす馬が出てくるのかどうか。1戦毎に成長してくる2歳馬の争いだけに追い切りの動きから急成長を感じさせる動きを見せる馬がいるならば要チェックです。

調教評価 S 坂路の動き文句なし。状態絶好
ファンタジスト 栗東坂路 52.8 38.3 25.0 12.1 一杯 併せ併入
最終追い切りは重馬場で時計のかかる馬場状態ながらに終いに仕掛けられてからの反応は抜群でラストは12.1の好タイム。全体の時計も良好でありこれだけでも好調が感じられるところではありますが、1週前には同じく坂路で49.5と2歳馬離れした時計をマーク。これだけ動けて状態は悪いわけないといったところであり、まさにG1へ向けて最高潮の仕上げにもってきている感はあります。マイルは初距離となり距離不安もささやかれるところではありますが、しっかりと折り合いさえつけばこなせそうなところはあり、そのあたりは武豊騎手がしっかりとこの馬を導きさえすれば好結果を期待できるのではないでしょうか。

調教評価 A 坂路自己ベスト更新で動き良
アドマイヤマーズ 栗東坂路 52.9 38.8 25.1 12.6 G前追う 併せ先着
坂路で最終追い切りを実施したアドマイヤマーズですが、時計のかかる馬場状態で52秒台にまとめてきたのは立派。しかもこれが自己ベストタイムを更新しているのですからかなり動けている部類と判断していいのではないでしょうか。1週前にはCWコースで84.3 68.2 52.6 38.2 11.7とラストに鋭い脚を見せているように仕上がりは良好。力は出し切れる状態と言ってよさそうなところであり、後はこれまでよりも相手関係が強化した中で無敗の4連勝でのG1制覇なるか、その走りに注目といったところでしょう。

調教評価 A トラブルの影響を感じさせぬ動き
ケイデンスコール 栗東坂路 52.5 38.3 25.0 12.5 G前追う
ザ石の影響で前哨戦を使えなかったケイデンスコールですが、稽古の動きだけ見ればその影響を感じさせないところ。坂路でも52.5とファンタジストよりも速い時計をマークして終いもしっかりと伸びてきているだけでなく、1週前にはCWコースで81.6 65.7 51.6 38.0 12.0の絶好の動きを披露してきており、この稽古だけレースで動ければ楽しみは十分にあると言えるのではないでしょうか。要は久々がどうかということになってきそうです。

調教評価 A コースでの動き目立つ1頭
アスターペガサス 栗東CW 83.2 67.4 51.8 38.4 11.9 一杯
この中間からコースでの追い切りを取り入れているアスターペガサスですが、折り合いもついて終いの伸びも11秒台と絶好。1週前にも83.1 66.5 51.5 38.8 12.6という時計を出しており2週続けてラスト4F51秒台をマークして、コースでの動きはとにかく目立つところではありました。前走の京王杯2歳Sでは折り合いも欠いて伸び切れずに5着ではありましたが、函館2歳S以来の休み明けであっただけにここは叩いての上積みも見込めるところ。折り合いさえつけばマイルも十分対応可能と考えられるだけに当日いかに落ち着いてレースに臨めるかが鍵となってくるのではないでしょうか。

圧倒的人気を背負うグランアレグリアは藤沢厩舎所属馬だけに稽古は常に軽めで判断し難い部分はありますが、最終追い切り自体は時計も動きも良好なだけにA評価はつけようかとも考えられるところではありましたが、1週前・2週前とポリトラックコースでの調整。この調整パターンで、先週のシェーングランツが敗退しただけにこれは負荷が十分にかかっていない失敗調整の可能性もあるだけにここは様子見という意味でB評価にとどめたいと思います。それならば、ドゴールやクリノガウディといったあたりの方が追い切りの動きでは目立つところもあるだけにこの2頭はB評価は必要なのではないでしょうか。

keibajo_02

それでは今週はこの朝日杯フューチュリティステークスで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA