【有馬記念 2018 出走予定馬】 | 本気競馬

【有馬記念 2018 出走予定馬】

syussouyoteiba

2018/12/23開催「有馬記念(G1)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

有馬記念2018 [1週前出走予定馬]

  • オジュウチョウサン/牡7/和田郎厩舎・美浦
  • キセキ/牡4/中竹厩舎・栗東
  • クリンチャー/牡4/宮本厩舎・栗東
  • サウンズオブアース/牡7/藤岡健厩舎・栗東
  • サクラアンプルール/牡7/金成厩舎・美浦
  • サトノダイヤモンド/牡5/池江寿厩舎・栗東
  • シュヴァルグラン/牡6/友道厩舎・栗東
  • スマートレイアー/牝8/大久保龍厩舎・栗東
  • ハッピーグリン/牡3/田中淳厩舎・北海道
  • パフォーマプロミス/牡6/藤原英厩舎・栗東
  • ブラストワンピース/牡3/大竹厩舎・美浦
  • プラチナムバレット/牡4/河内厩舎・栗東
  • ベイビーステップ/牡4/菊川厩舎・美浦
  • マカヒキ/牡5/友道厩舎・栗東
  • ミッキースワロー/牡4/菊沢厩舎・美浦
  • ミッキーロケット/牡5/音無厩舎・栗東
  • モズカッチャン/牝4/鮫島厩舎・栗東
  • リッジマン/牡5/庄野厩舎・栗東
  • レイデオロ/牡4/藤沢和厩舎・美浦

■2018/12/11現在

有馬記念2018 [注目馬考察]

有馬記念出走予定馬/レイデオロ

春の悪い流れを完全に断ち切った秋2連勝。とりわけ、前走の天皇賞・秋は、まともに追ったのは正味ラスト1Fだけ。性能の違いをまざまざと見せつけた形で、3着キセキが次走のジャパンカップで2着と好走。牝馬3冠を達成し、強豪牡馬相手も問題にしなかったアーモンドアイが不在なら、ここは負けられない一戦。ファン投票1位の期待に応えたい。

有馬記念出走予定馬/オジュウチョウサン

どうしても話題先行の感は拭えないが、前走の南部特別でマークした2分25秒0は出色の好時計。障害と平地を同一に考えることは無理だが、大障害では63キロを背負いながら上がり38秒0でレコードを記録するほどの脚力。まだまだ底を見せない魅力を秘めており、もしかして・・・の期待も大きい。

有馬記念出走予定馬/ブラストワンピース

今年の3歳は、芝・ダートともに傑出馬揃いだが、もちろんこの馬もそのグループの1頭。ダービーは全体的にチグハグな競馬だったが、前走の菊花賞は明らかに距離が堪えた負け方。祖母ツルマルグラマーはファンタジーS2着馬で、母系はスピード色の濃い血統。ハービンジャー産駒なら中山も当然◎で、ここは巻き返しに期待しても。

有馬記念2018[今後の動向]

今年の競馬界を牽引したアーモンドアイの名前はなくとも、平成最後の有馬記念に相応しい好カード。3歳勢は来季に繋げる一戦としたいところ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA