【クイーン賞 2018 予想】 | 本気競馬

【クイーン賞 2018 予想】

yosou_chihou

2018 クイーン賞 [レース予想]

昨年優勝のプリンシアコメータが連覇を狙って出走してきたが、メンバー構成を考えると今年も同馬が中心と言えそう。鞍上も阪神ジュベナイルフィリーズでGⅠを制覇したC.デムーロ騎手だ。中央の2頭、アイアンテーラーとサルサディオーネの逃げ合戦になれば、スピードについていけない馬たちが早めに振り落とされる可能性も。漁夫の利を狙えそうな追い込み馬にも注目したい。

クイーン賞 予想【◎プリンシアコメータ】

本命はプリンシアコメータ。同馬は昨年、JBCレディスクラシックで2着して当レースに参戦、見事優勝を果たすなど勢いの面でも充実していた。今年はそのJBCレディスクラシックでは10着と振るわなかったが、馬体面は充実しており、京都コースも合わなかったようだ。このところの良績は地方のダートに集中していることから、状態面の良さからも十分連覇を狙える位置にあると見る。好位からの一差しでライバルを封じ込む競馬になるだろう。

クイーン賞 予想【○アイアンテーラー】

対抗はアイアンテーラー。同馬も本命プリンシアコメータ同様JBCレディスクラシック経由だが、結果は逃げて8着とライバルを上回る結果を残した。勝つか負けるかはっきりしておりいかにも逃げ馬らしい成績で、ここも逃げて結果を求めるのは至極当然のことだろう。多少サルサディオーネと先手を争うことはあるとしても、雨予報で高速化する馬場に、前走の経験も活きてくるだろう。1kgとはいえハンデが軽くなる点も好感だ。

クイーン賞 予想【▲サルサディオーネ】

3番手はサルサディオーネ。JBCレディスクラシック組から、最後に挙げたいのが同馬だ。今年のJBCが変則的に京都開催だったこともあり、例年よりもスピードに富んだ一戦となった感のある前走。粘り腰に良いものを持っている同馬には、小回りに変わるのが吉と出そうだ。新潟を得意にしている通り左回りがスムーズなので、先手争いが上手く落ち着けば怖い存在になって不思議ない。ローカル場で活躍する丸山騎手も虎視眈々だ。

クイーン賞 予想【△アルティマウェポン】

最後はアルティマウェポン。前走は大井で行われたレディスプレリュードを使ったが、ここで13番人気で3着と激走したのが同馬だ。この時優勝したのが今回の本命馬・プリンシアコメータで、着差も同斤55kgでコンマ3秒差なら上々だ。大井のダート1800mはスピード・スタミナが問われる舞台で、フロックで結果を出せるほど甘い舞台ではない。今回はハンデ3kg減で前が引っ張る絶好の展開。はまれば一気の脚を見せても驚けないところだ。

2018 クイーン賞 [馬券考察]

馬券は2種類。 馬複ボックスで◎~▲の3点と、ワイド流し◎ー〇▲△の3点で計6点で勝負! クイーン賞は12月12日、船橋競馬第11レース、20時05分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA