【中日新聞杯 2018 予想】 | 本気競馬

【中日新聞杯 2018 予想】

yosou_grade

中日新聞杯2018[レース予想]

前2走はマルターズアポジーにハナを叩かれたマイスタイルだが、ここは自力でペースを作れる顔ぶれ。ドレッドノータス、スズカディープあたりが続くが、流れは平均程度か。アメリカズカップ、ギベオン、ストロングタイタンが好位。エンジニア、メートルダールが中団を追走し、後方からハクサンルドルフ、ショウナンバッハ、グレイル。最後は地力勝負に。

中日新聞杯2018 予想【本命◎ レイホーロマンス】

前走のエリザベス女王杯は上手く立ち回れたが、結果的に力負け。久々だったことも踏まえれば、時計ひとつ以内ならよく走った方か。G3では常に小差の接戦と、いつ勝ってもおかしくない馬。昨年の愛知杯2着とコースOKで、51キロなら。

中日新聞杯2018 予想【対抗○ ギベオン】

好位ですんなりと収まり、展開も理想的。完全に勝ちパターンと思えた前走だが、追い出されてからが案外。久々云々ではなく、明らかに距離が堪えた負け方だった。ここは左に戻って距離も短縮。真価が問われる一戦となる。

中日新聞杯2018 予想【単穴▲ グレイル】

右回りなら距離も大丈夫と思えた菊花賞が10着惨敗。父が長距離砲のハーツクライとはいえ、母系はマイラー色が強く、兄も1600mの重賞勝ち。本質的には1800~2200mあたりが合う中距離型と断定すれば、ダービーの敗因も左回りではなく距離とも受け取れる。ここは力が出せる舞台設定。

中日新聞杯2018 予想【特注☆ エテルナミノル】

前走は相手関係もあったが、出遅れがすべて。エンパイアメーカー産駒らしく成績が安定しないが、3走前の函館記念では牡馬相手に0秒2差3着と好走。当時と同じ54キロなら。十分再現がある。

中日新聞杯2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑨レイホーロマンス
  • 対抗○:⑦ギベオン
  • 単穴▲:③グレイル
  • 特注☆:④エテルナミノル

波乱指数【60】

一長一短。軸向きはマイスタイルだが、鞍上も含めて信頼感は一息。思わぬ伏兵馬の台頭があっても。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番③④⑦⑨の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA