【朝日杯フューチュリティステークス 2018 出走予定馬】 | 本気競馬

【朝日杯フューチュリティステークス 2018 出走予定馬】

syussouyoteiba

2018/12/16開催「朝日杯フューチュリティステークス(G1)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

朝日杯フューチュリティステークス2018 [1週前出走予定馬]

  • アスターペガサス/牡2/中竹厩舎・栗東
  • アドマイヤマーズ/牡2/友道厩舎・栗東
  • イッツクール/牡2/武英厩舎・栗東
  • エメラルファイト/牡2/相沢厩舎・美浦
  • グランアレグリア/牝2/藤沢和厩舎・美浦
  • クリノガウディー/牡2/藤沢則厩舎・栗東
  • ケイデンスコール/牡2/安田隆厩舎・栗東
  • コパノマーティン/牡2/村山厩舎・栗東
  • ソルトイブキ/牡2/木原厩舎・栗東
  • タニノミッション/牡2/中竹厩舎・栗東
  • ディープダイバー/牡2/大久保厩舎・栗東
  • ドゴール/牡2/黒岩厩舎・美浦
  • ニホンピロヘンソン/牡2/安達厩舎・栗東
  • ヒラソール/牡2/加用厩舎・栗東
  • ファンタジスト/牡2/梅田智厩舎・栗東
  • マイネルサーパス/牡2/高木登厩舎・美浦

■2018/12/3現在

朝日杯フューチュリティステークス2018 [注目馬考察]

朝日杯FS 2018 出走予定馬 / グランアレグリア

新馬戦で子ども扱いした2着馬が、ファンタジーステークス快勝のダノンファンタジー。一息入れて臨んだ前走のサウジアラビアロイヤルCでは、18キロ増と体を増やしての快勝。牡馬相手も何ら問題がなかった。将来性はともかく、現時点での完成度では同時期のアーモンドアイ以上。ルメール騎手に合わせて予定を繰り下げたあたりを見ても、相手は自分自身だけ。

朝日杯FS 2018 出走予定馬 / アドマイヤマーズ

新馬戦から1600mにこだわったローテーで3連勝。前走のデイリー杯2歳ステークスでは、それまでの競馬とは一転、ハナに立つ形からの押し切りと自在性も増してきた。展開不問の脚質、距離実績も踏まえれば、ここでもやはり上位の評価が妥当。

朝日杯FS 2018 出走予定馬 / ケイデンスコール

3冠牝馬アーモンドアイを輩出し、牡馬ではマイルチャンピオンシップを勝ったステルヴィオ。初年度産駒から活躍馬を送り、サンデー系の血統図を塗り替える可能性をも示すロードカナロア。前走の新潟2歳ステークスでは、上がり33秒1の瞬発力。この馬もかなりの素質を感じさせる。

朝日杯フューチュリティステークス2018[今後の動向]

牝馬ながら阪神JFではなく、こちらへ矛先を向けてきたグランアレグリア。ここで結果を残せば、アーモンドアイに続く可能性も。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA