【中日新聞杯 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【中日新聞杯 2018 予想オッズ】

odds_s

中日新聞杯2018 [出走予定馬短評]

昨年から12月開催のハンデ重賞としてリニューアルした中日新聞杯。昨年2着のミッキーロケットがこのレースを復調のきっかけとして宝塚記念を制したように、来年のG1出走を狙う実力馬が数多く出走してくるレース。今年は3歳馬のギベオンやグレイルが上位人気に支持されるはずで、このレースでも世代交代がありそうな1戦となった。 

中日新聞杯2018 予想オッズ/ギベオン(3.5倍)

秋初戦となったセントライト記念(G2)では、好位で直線を迎えるもラスト1Fで失速して13着大敗。距離延長が裏目に出た形で、これがこの馬の本来の走りでないことは明らか。NHKマイルC(G1)2着好走しているように、適距離でのG3なら実績上位の存在。一度叩かれたうえ、距離短縮してきた今回は巻き返してくる可能性が高い。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

中日新聞杯2018 予想オッズ/メートルダール(3.8倍)

昨年このレースの勝ち馬が今年も参戦。左回り芝2000mは重賞4戦を含み【3.1.1.1】と好成績を残しており、舞台適性ならメンバー屈指。前走・新潟記念(G3)は、勝ち馬が強すぎただけで2着確保は評価できる内容。春先の不調から脱して上昇気配が出てきており、このレース連覇も現実味を帯びてきた。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

中日新聞杯2018 予想オッズ/グレイル(5.9倍)

3歳牡馬クラシック三冠を完走しており、セントライト記念(G2)3着などその潜在能力は世代上位。前走・菊花賞(G1)では10着敗退も、長すぎた距離と位置取りが影響しており敗因は明白。芝2000mは3戦2勝で負けたのは皐月賞(G1)6着のみ。4戦ぶりにベストの距離に戻し、近走から相手関係も楽になった今回は好勝負必至。オッズは、4倍から7倍台が予想される。

中日新聞杯2018 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はレイホーロマンス。今年は年明け初戦の愛知杯(G3)2着好走を皮切りに、6戦連続重賞挑戦で常に上位争いを演じており、競走馬として完成期を迎え始めた印象。前走・エリザベス女王杯(G1)は、休み明け初戦で初G1挑戦のため13着も言い訳の利く敗戦。もとも叩き良化型でこの1戦に向けた上昇度は大きく、G3なら牡馬相手にも互角に戦える地力はつけている。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA