【ステイヤーズステークス 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【ステイヤーズステークス 2018 予想オッズ】

odds_ss

ステイヤーズステークス2018 [出走予定馬短評]

JRAで施行される最長距離レースで師走の中山・名物重賞となっているステイヤーズステークス。近年の長距離レースを軽視する傾向も手伝い、2000年代以降はフルゲート割れや格上挑戦などが増えておりG2にしては層の薄いメンバー構成が続いている状態。とはいえ、今年はアルバートによるJRA史上初同一重賞4連覇という偉業がかかっており、例年以上に注目の集まる1戦となっている。

ステイヤーズS 2018 予想オッズ/アルバート(2.0倍)

現在このレース3連覇中、圧倒的なスタミナと長距離適性を誇っている現役屈指のステイヤー。秋初戦の京都大賞典(G2)で3着好走と重賞で勝ち負けできる能力は維持しており、叩き3戦目で迎えるこのレースに向けて準備万端。過去3連覇に導いてくれた鞍上とは異なるが、折り合いに長けた名手モレイラ騎手なら不安なし。相手関係にも恵まれ、史上初の同一重賞4連覇も現実味を帯びてきた。オッズは、2倍前後が予想される。

ステイヤーズS 2018 予想オッズ/アドマイヤエイカン(4.5倍)

前走・古都S(1600万下)は、直線3頭の激しい競り合いを制する勝負根性をみせて快勝。長期休養後は長らく準OPクラスで足踏みをしていたが、もともと2歳時には札幌2歳S(G3)を勝ってクラシックを期待されていた素質馬。長距離中心のローテでスタミナ勝負に不安はなく、復調してOP入りを果たした今の勢いなら重賞でも上位争い可能なはず。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

ステイヤーズS 2018 予想オッズ/リッジマン(6.8倍)

前走・丹頂S(OP)では、3角手前から仕掛ける積極的なレースを運びでスタミナを活かした押しきり勝ち。マッチレースをして負かしたコルコバードは次走G1でも健闘しており、長距離戦ならいつ重賞を勝ってもおかしくない能力がある。万葉S(OP)2着・ダイヤモンドS(G3)3着と3000m超のレースで好走実績もあり、斤量さえ克服できれば初重賞制覇も近い。オッズは、6倍から8倍台が予想される。

ステイヤーズステークス2018 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はヴォージュ。3走前・札幌日経OP(OP)では、3角手前から積極的に動いてハナを奪うと、ゴールまで脚色衰えず後続に3馬身半差をつける鮮やかな逃走劇。前々の競馬がハマった時の強さは侮れず、近走では重賞慣れもして成績が上向いてきた。スローペース濃厚の長距離戦で先行力と機動力を備えているのは大きな武器となり、展開面のひと押しさえあれば上位進出も可能。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA