【チャレンジカップ 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【チャレンジカップ 2018 予想オッズ】

odds_s

チャレンジカップ2018 [出走予定馬短評]

12月阪神開催の芝2000mにリニューアルされて今年で2回目を迎えるチャレンジカップ。距離延長したことで有馬記念へのステップレースにも選択されるようになり、今年もかなりの好メンバーが集結。1番人気にはレイエンダが支持されてきそうだが、他にも実力馬が数多く揃っており、上位拮抗で見逃せないレースとなっている。

チャレンジC 2018 予想オッズ/レイエンダ(2.3倍)

無敗の3連勝で挑んだセントライト記念(G2)は、展開面のアヤと仕掛け遅れの影響もあり先行した勝ち馬を捕えきれず2着惜敗。それでも後方から唯一先頭に迫る末脚を見せており、評価を落とす内容ではない。全兄レオデオロが天皇賞秋を制する成長力を見せたように、この馬も来年こそG1での活躍が求められる期待馬。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

チャレンジC 2018 予想オッズ/エアウィンザー(3.6倍)

前走・カシオペアS(OP)では、重賞級のメンバーが揃うなかラスト3F33.6の脚で突き抜け快勝。条件戦中心ながら昨年末から5戦4勝2着1回と急激に力をつけており、今の充実具合なら重賞でも即通用するはず。エアスピネルの全弟という血統背景もあり、ここで初重賞制覇を飾るようなら来年のG1戦線でも楽しみな存在となってくる。オッズは、3倍から4倍台が予想される。

チャレンジC 2018 予想オッズ/ダンビュライト(6.0倍)

前走・天皇賞秋(G1)では、本馬場入場の際に放馬して無念の競争除外。近走では気性の荒さが目立ち信頼しきれない面はあるが、皐月賞3着・宝塚記念5着など中距離G1での好走歴も多く、G3なら明らかに実績上位の存在。ここを使って有馬記念参戦も視野に入っているだけに、約1年ぶりの勝利を飾り勢いをつけたいところ。オッズは、5倍から7倍台が予想される。

チャレンジカップ2018 [狙い目となる穴馬は?]

マウントゴールドは、中央再転厩後の芝レースでは常に掲示板を確保しており安定感抜群。特に2走前・小倉記念(G3)では、初重賞挑戦で見せ場十分の3着と健闘。遅咲きの血統通り1戦ごとに着実に力をつけており、重賞勝ちも視野に入ってきた。今回は逃げ先行馬が多く同型馬との兼ね合いがポイントになるが、ペース判断に長けた鞍上・武豊騎手なら前々の競馬から粘り込んでくれそうな期待感がある。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA