ジャパンカップ2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表! | 本気競馬

ジャパンカップ2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

oikiri3

東京2400mで繰り広げられる最強馬決定戦を制するのは絶好調のこの馬!

今年のジャパンカップは外国馬2頭と地方馬1頭を迎えて発走となりますが、何よりも注目を浴びるのは前売りオッズでも圧倒的な支持を受けている牝馬3冠馬のアーモンドアイ。並みいる古馬の強豪相手に強い競馬を見せるかどうか期待は高まりますが、各馬の仕上がり具合を追い切りからしっかりとチェックして馬券予想をきっちりと的中につなげていきましょう。

ジャパンカップ 2018 [追い切り診断]

ジャパンC 追い切り /アーモンドアイ

アーモンドアイ
美浦南W 83.2-67.3-52.8-38.3-12.5】 馬なり 併せ先着
調教評価 A 古馬撃破へ万全の状態

秋華賞を勝った後はいつも通りに短期放牧に出て、美浦で2本の速い追い切りを消化。予定通りの調整と言えるところですが、最終追い切りは終いだけ伸ばす程度の調整でも終いの伸びは目立つものがあり、日曜日の追い切りでは4F50秒台の速い時計をマークできているように状態面に不安はまったくなしといったところではないでしょうか。この馬の力は発揮できる仕上がりにあると見てよさそうですが、後はこれまでのキャリア初となる最内枠からの発走、2桁枠番からの発走が多い馬だけにそのあたりに多少の不安はあるでしょうが、古馬と比較すれば4kg軽い斤量面でのアドバンテージも考えれば前売りでも圧倒的1番人気に支持されるのも納得というところではないでしょうか。

ジャパンC 追い切り /サトノダイヤモンド

サトノダイヤモンド
栗東CW 【52.9-38.0-11.7】 G前追う 併せ先着
調教評価 A 勝負の追い切りパターンで復活期す

ここ数戦はコースを長めに追う最終追い切りでレースに臨んでいたサトノダイヤモンドがジャパンカップを前に池江厩舎の必勝追い切りパターンとも言えるコース4F追いでの追い切りを敢行してきました。動き自体も仕掛けられてからの反応抜群で、ここ3週はともにラスト11秒台の鋭い脚を見せており、京都大賞典を制してから十分に間隔をあけて調整してきたのが功を奏したのか抜群の伸びが目立つところではあります。モレイラ騎手とのコンビでどう乗ってくるのか、どれだけの走りを見せるのか非常に楽しみになってきたといえるのではないでしょうか。

ジャパンC 追い切り /サウンズオブアース

サウンズオブアース
栗東CW 【81.2-65.7-51.4-38.2-12.4】 G前追う 併せ先着
調教評価 A 大舞台へ向けて態勢は整う

7歳となり成績も不振気味となっているだけになかなかに手が出しにくい馬となりそうですが、追い切りの動きだけ見ればここ数戦と比較してもかなり目立つ動きを見せているサウンズオブアース。1週前に【80.0-64.6-49.9-36.9-12.5】という猛時計をCWコースでマークしており、状態をグンとあげてきている感はあります。ジャパンカップは2年前に2着している舞台。ここ数戦も着順こそ目立ちはしないものの、前との差はしっかりと詰めてきているだけにあとは流れひとつで食い込みまで十分にあるのではないでしょうか。穴馬として狙ってみても面白そうなところはあります。

ジャパンC 追い切り /追い切りから見る他の注目馬

他では、休みあけを使って良化がうかがえるGI馬、シュヴァルグランスワーヴリチャードは上積みも見込める動きを見せているだけに少なくともB評価は必要と言えそう。後はこの中間更に攻め内容が充実している菊花賞馬キセキまでB評価として注目しておきたいところではあります。

keibajo_02

それでは今週はこのジャパンカップで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA