【浦和記念 2018 予想】 | 本気競馬

【浦和記念 2018 予想】

yosou_chihou

2018 浦和記念 [レース予想]

昨年と同日開催となるダートグレードレース・浦和記念。当日は現状晴れ予報だが前日が一日降雨予報で、雨量によっては相当に馬場が悪化する懸念がある。注目は3歳馬のグリムで前走も勝利しているが、JBCでもオメガパフュームが活躍しているとおり世代レベルは高い。58kgを背負う実績のある古馬勢よりハンデも軽く、先行できる脚質からも大崩れはしなさそうだ。

浦和記念 予想【◎グリム】

本命はグリム。同馬はやや腹袋がずんぐりした印象を与える馬だが、筋肉量が多く馬力に富んだ馬体が印象的だ。脚質的にも先行馬であり地方のダートでは更に脅威で、直線の短い小回りでは古馬も前走歯が立たなかった。鞍上には大井の元・スタージョッキーの内田騎手が騎乗で、屋根の心配もないとなればハンデ的にも譲れないところ。父ゼンノロブロイの産駒には粘り腰の強い馬が多く、ここでもその特徴は十分他馬に勝る要素となろう。

浦和記念 予想【○トーセンデューク】

対抗はトーセンデューク。中央所属馬が近走でぱっとしない古馬勢が多いので、浦和に転厩して結果を出した同馬の走りに期待する。同馬は前走・埼玉新聞栄冠賞を勝利しており、森泰斗騎手が手綱をとってヤマノファイトに完勝した。名手の連続騎乗もさることながら、ハンデも2kg減で、走りっぷりからグリムの出方を窺っても余裕はありそうだ。地方馬が活躍を見せている今年のダートグレード路線。7歳古馬の意地を見せて上位入線を狙う。

浦和記念 予想【▲アポロケンタッキー】

3番手はアポロケンタッキー。同馬は前走・JBCクラシックで4番人気で13着撃沈、好調教は間違いなかったが結果には結びつかなかった。実際、調教駆けしたとはいえ馬体は少し細化しており、後方からのレースもあまり狙いとしては良くなかった。今回はモレイラ騎手に託す手綱が最も注目であるが、左回りの小回りダートでどれだけセンスを発揮できるか。

浦和記念 予想【△クリソライト】

最後はクリソライト。浦和競馬場を得意にしておりまだ若さのある同馬であるが、大外枠から先行という条件からやや印を下げた。とはいえ58kgでも十分な実績を示してきたうえ、頼れる鞍上・武豊騎手が今回も騎乗する。同騎手にとって近年では高額賞金を稼がせてくれる馬で、その点からも結果を出す走りになることは推して知るべし。逆襲が怖い古豪だ。

2018 浦和記念 [馬券考察]

馬券は馬複&ワイド。流しで、◎ー〇▲△の計6点で勝負! 浦和記念は11月23日、浦和競馬第10レース、15時25分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA