【ジャパンカップ 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【ジャパンカップ 2018 予想オッズ】

odds_s

ジャパンカップ2018 [出走予定馬短評]

牝馬3冠を圧倒的な強さで制したアーモンドアイの参戦で俄然注目が高まっている第38回ジャパンカップ。今年の外国馬の登録は2頭ながら、凱旋門賞5着の英ダービー馬カプリが参戦しており少数精鋭。とはいえ、2006年以降は長らく外国馬が馬券に絡んでいない実情もあり、1番人気濃厚のアーモンドアイを筆頭に、上位人気は日本馬が独占してくるはず。

ジャパンカップ2018 予想オッズ/アーモンドアイ(1.8倍)

前走・秋華賞(G1)は、逃げた2着馬が完全な勝ちパターンに持ち込むものの、後方から1頭次元の違う末脚であっさり先頭をとらえて牝馬3冠を達成。3戦とも危なげなく勝ちきっており、過去の名牝たちを凌ぐ強烈な印象を残している。今回は初古馬対戦で相手関係も大幅に強化されたが、斤量53kgは魅力十分。今年無敗の5連勝を飾り、名実ともに現役最強馬となれるか要注目。オッズは、2倍前後が予想される。

ジャパンカップ2018 予想オッズ/スワーヴリチャード(4.0倍)

前走・天皇賞秋(G1)は、スタート後の接触で後手を踏んだ影響もあり、最後までこの馬らしさの見られず10着大敗。得意の左回りで初めて馬券外になる凡走をしたが、これが本来の実力でないのは明らか。秋2戦目を迎える今回は上積み十分で巻き返し必至。この秋の最大目標にして最も適性のある東京2400mなら、古馬の大将格として負けられない1戦となる。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

ジャパンカップ2018 予想オッズ/サトノダイヤモンド(6.5倍)

前走・京都大賞典(G2)では、勝負所から息の長い脚を使って1年半ぶりの復活勝利。全盛期と比較するとまだ物足りない面もあるが、海外遠征後の不調から抜け出すきっかけをようやく掴んだ。中間調教の動きが春先と比べ明らかに良くなっているのも好印象。名手モレイラ騎手を鞍上に迎え、有馬記念以来の久々のG1制覇なるか期待が集まる。オッズは、5倍から7倍台が予想される。

ジャパンカップ2018 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はミッキースワロー。前走・札幌記念(G2)は、直線で進路を失って追うのを止めており、13着大敗も実力負けではない。5走前には皐月賞馬アルアインに楽勝しており、能力的にも4歳世代トップクラスと遜色なし。美浦所属馬だが、意外にも東京は初参戦。一瞬の切れ味が武器で中山巧者のイメージが強いだけに、今回は実力のわりに人気落ちしそうで馬券妙味がある。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA