【京阪杯 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【京阪杯 2018 予想オッズ】

odds_ss

京阪杯2018 [出走予定馬短評]

来春のスプリントG1を狙う実力馬が多数出走してくる京阪杯。過去にはロードカナロアやハクサンムーンなど名スプリンターも3歳時にこのレースを制しており、3歳&4歳の若い馬の好走例が目立つ傾向のあるレース。今年もダノンスマッシュやアサクサゲンキなど支持を集めそうな3歳馬が揃っているが、抜けた存在はおらずかなりの混戦ムードとなっている。

京阪杯2018 予想オッズ/ダノンスマッシュ(3.4倍)

NHKマイルC(G1)7着後にスプリント路線に転向し、2戦2連対と抜群のスプリント適性を示している3歳馬。特に前走・キーンランドカップ(G3)では、強豪古馬相手に2着好走。距離短縮で折り合いの心配がなくなり、好位先行脚質も板について安定感が増してきた。父ロードカナロアと同じこのレースを勝ち、スプリント界の新星誕生なるか期待が集まる。オッズは、2倍から4倍台が予想される。

京阪杯2018 予想オッズ/アレスバローズ(4.8倍)

前走・スプリンターズS(G1)では、先行策で積極的なレースをするも直線力尽き14着敗退。とはいえ、今年はCBC賞(G3)・北九州記念(G3)を連勝してサマースプリント王者に輝いており、G3なら実績上位。今後は香港スプリントへの参戦も予定されるほど陣営に能力を評価されており、相手関係が楽になった今回は上位争いに絡んでくるはず。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

京阪杯2018 予想オッズ/ダイメイフジ(6.2倍)

前走・中京記念(G3)は12着大敗するも、距離延長と使い詰めが続いていたことによる敗戦で原因は明らか。中間は放牧を挟んでしっかり立て直しを図っており、リフレッシュされた今回は巻き返し必至。芝1200m【2.2.1.1】の安定感に加え、京都コース【2.5.0.1】と連対率8割超えの実績を残しており舞台適性ならメンバー随一。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

京阪杯2018 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はシュウジ。近走はマイルへの距離延長など試行錯誤が続いたものの、やはり本質的にはスプリンターで7戦ぶりの距離短縮はプラス材料。一時期は二桁着順が続く苦しい時期もあったが、2走前・東風S(OP)で上がり最速をマークして3着善戦するなど復調気配が出てきた。走る気が戻ってきた現状なら、ベストの1200mで更なる前進が見込めるはず。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA