【京都2歳ステークス 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【京都2歳ステークス 2018 予想オッズ】

odds_s

京都2歳ステークス2018 [出走予定馬短評]

年末のホープフルS(G1)へのステップレースに位置づけられる京都2歳ステークス。重賞昇格して今年5年目の新しい重賞だが、シュヴァルグランやタイムフライヤーなど既に2頭のG1ホースを輩出しており今後に向けて見逃せない1戦。今年も将来性豊かな良血馬が多数登録しており、11頭と少数ながら上位拮抗のメンバー構成となっている。

京都2歳ステークス2018 予想オッズ/ワールドプレミア(2.7倍)

初戦は、鮮やかな直線一気を決めて新馬勝ち。着差こそわずかだが、まだ余力のある内容で今後に向けて伸びしろ十分。中間は脚部不安で順調さを欠く調整だったが、素質の違いであっさり乗り越えてきそうな大物感がある。ダービー1番人気に支持されたワールドエースの全弟という血統背景も支持を集めるはずで、オッズは2倍から4倍台が予想される。

京都2歳ステークス2018 予想オッズ/ミッキーブラック(4.0倍)

デビューから無敗で2連勝している実力馬。特に前走・芙蓉S(OP)では、勝負所からスムーズに加速すると最後まで持久力のある脚を使い完勝。2戦ともそつのないレース運びで安定感ある走りをしており、現時点での完成度なら他馬を1歩リード。メンバー唯一の2勝馬という実績面から、オッズは4倍から6倍台が予想される。

京都2歳ステークス2018 予想オッズ/クラージュゲリエ(4.9倍)

前走・札幌2歳S(G3) では、1番人気に支持されたが勝負所でもたつき、直線メンバー最速タイムで追い込むも3着どまり。まだ粗削りで若い一面を見せたが、新馬戦での圧巻の走りから非凡な才能があることに疑いはない。脚質的にも広々と走れる京都替わりは歓迎材料。鞍上も新馬勝ちしたモレイラ騎手に戻り、重賞勝ちはすぐ手の届く位置にいる。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

京都2歳ステークス2018 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はブレイキングドーン。新馬戦では、現在2連勝中の素質馬アドマイヤジャスタに3馬身差をつけて快勝しており、上のクラスでも即通用する能力はある。前走・萩S(OP)は馬場入場後に放馬するアクシデントで除外となったが、普通に走っていれば上位争いしていた可能性が高い。単なる1勝馬扱いで今回少しでも人気を落とすようなら、積極的に狙ってみたい存在。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA