マイルチャンピオンシップ2018追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表! | 本気競馬

マイルチャンピオンシップ2018追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表!

oikiri32018年のマイル王に輝くのは状態絶好のこの馬!
今年のマイル王を決する1戦、マイルチャンピオンシップの発走時刻が近づいてきてきました。抜けた存在は不在でも上位の実力馬にはどの馬にもチャンスがありそうな混戦模様となっていますが、そんな混戦だからこそ、仕上がり具合が勝敗の鍵となる可能性も大。ともなれば追い切りの動きから狙うべき馬をチャックしておくのは重要であることは間違いありません。

調教評価 A 状態は文句なし。課題は輸送
アエロリット 美浦坂路 50.9 37.4 24.9 12.8 馬なり
レースでの消耗が激しい馬なだけに毎日王冠からマイルCSというローテーションは規定路線。狙い通りにしっかりと仕上がった感のある最終追い切りの動きは坂路で50.9をマークし自己ベストの50.5には届かなかったもののそれでも状態の良さが見てとれる活発な動き。前走の毎日王冠を勝った際以上の動きであるとも言えるだけに狙いのレースへ向けてきっちりと仕上げてきたと言えるでしょう。状態は文句なしでしょうが課題は輸送。前回の京都への輸送は昨年の秋華賞ですが、馬体も大きく減らしてイレ込みもきつく力を発揮できずに終わっているだけに、今回はいかに輸送を克服して落ち着いてレースに臨めるかが課題でしょう。状態は絶好でしょうが、当日の気配や馬体重には十分に注意する必要があるでしょう。

調教評価 A 気力充実。マイルで戴冠狙う
アルアイン 栗東坂路 52.5 37.8 24.5 12.4 馬なり 併せ先着
坂路での時計は好調時のものは出ており、天皇賞(秋)から間隔は詰まっているものの好状態をキープと判断できる追い切りの動きを見せているアルアイン。何より、今回はまったくの馬なりでこの好時計をたたきだしていることには注目。馬に走る気があるからこそ出る時計と動きであり、休み明け叩き3戦目で力を最大限に活かせる状態にあることは確か。京都コースとの相性も悪くなく、後はマイルへの対応がどうかとなってきそうです。ここ数戦はとにかく詰めの甘いところを見せているだけに、距離短縮での一変なるかには注目しておく必要があるのではないでしょうか。

調教評価 A 坂路自己ベストタイム更新で状態絶好
ミッキーグローリー 美浦坂路 50.9 37.4 24.4 12.2 馬なり 併せ併入
最終追い切りで坂路の自己ベストタイムを更新し、G1初制覇へ仕上がりは良好と言えるのがミッキーグローリー。9月の京成杯AHを制して以来の競馬とはなりますが、太め感のないスピード感十分の走りは非常に好感が持てるところではあります。相手関係は一気に強化となるだけにあまり強気なことは言えないのかもしれませんが、少なくとも状態面に不安があるということはなさそうです。初の関西圏への輸送となることも不安材料とはなってきそうですが、実力馬が人気を集めそうな今回。人気的にはそこそこに収まってきそうで、気楽に乗れそうなだけに、一発を期待してみても面白いかもしれません。

調教評価 A 追い切りパターン変更で勝負気配
ペルシアンナイト 栗東CW 50.9 36.9 11.7 G前追う 併せ遅れ
いつもならばコース6Fを長めから追ってくる最終追い切りを行っていたペルシアンナイトですが、今回はコース4F追いに内容を変更。コース4F追いといえば池江厩舎の勝負追い切りパターンとも言え、このペルシアンナイトも昨年のダービー以来、久しぶりにコース4F追いで追われてきました。3頭併せで1頭は交わせずに終わりましたが、それでも時計だけ見てみれば50秒台でラスト11秒台という非常に理想的なラップを刻んでのフィニッシュ。大きな不利のあった富士ステークスこそ敗れはしましたが、マイルチャンピオンシップの連覇のかかった1戦へっ向けて陣営もやることをやったというところではないでしょうか。

keibajo_02

それでは今週はこのマイルチャンピオンシップで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA