【武蔵野ステークス 2018 予想】 | 本気競馬

【武蔵野ステークス 2018 予想】

yosou_grade

武蔵野ステークス2018[レース予想]

逃げ馬不在。ナムラミラクル、マイネルオフィールが先行するが、ともに逃げたくはないクチ。流れは落ち着きそうだ。インカンテーションも、この顔ぶれなら昨年同様の先行策。ユラノトが好位へ取りつき、グレンツェント、クルーガーが中団。ウェスタールンド、クインズサターンはここも自分の形、サンライズノヴァはゲート次第か。

武蔵野ステークス2018 予想【本命◎ モルトベーネ】

前走は前をカットされる不利もあったが、しっかり脚を伸ばして0秒9差6着。一戦ごとに良化傾向にあり、ここは走りごろの叩き3戦目。当然、距離延長も大歓迎だろう。加えて重馬場実績【4-0-1-2】、金曜日の雨が残るようなら、チャンスはさらに拡がる。

武蔵野ステークス2018 予想【対抗○ サンライズノヴァ】

東京ダートでは、フェブラリーステークス4着を含む【5-3-0-2】。唯一の凡走となったのが、昨年のこのレースだけに不吉な感じはするものの、3馬身ほどの出遅れを問題にしなかった前走のグリーンチャンネルカップは強烈な勝ちっぷり。重賞になってあの競馬で通用するかどうかは微妙だが、まともに走れば。

武蔵野ステークス2018 予想【単穴▲ ウェスタールンド】

ダートに転じて【2-1-0-0】。前走はレース上り36秒5を大幅に上回る35秒1の末脚で猛追。クビ差まで追い詰めた相手が、次走JBCクラシック2着のオメガパフュームなら、この馬の評価も上がるというもの。東京1600向きのスピード?でも、底を見せない魅力。暮れのチャンピオンズカップに繋げたい。

武蔵野ステークス2018 予想【特注☆ クルーガー】

2歳戦以来となるダートだが、500キロを超す大型馬で掻き込むような走法。もともと芝での瞬発力勝負で劣る面もあっただけに、この転向は吉と出る公算が高い。芝スタートの東京1600mなら、すんなりと好位も取れそう。

武蔵野ステークス2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑭モルトベーネ
  • 対抗○:④サンライズノヴァ
  • 単穴▲:⑮ウェスタールンド
  • 特注☆:⑫クルーガー

波乱指数【70】

まず堅くは収まらない一戦で、昨年は3連単178万円の高配当。今年も一長一短のメンバーだけに、波乱必至。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番④⑫⑭⑮の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA