武蔵野ステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想! | 本気競馬

武蔵野ステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

jyusyodate_g3

第23回 武蔵野ステークス(G3) 2018

2018/11/10(土)東京競馬場で行われるのは、第23回武蔵野ステークス(ダ1600m)。暮れのGI・チャンピオンズCの前哨戦で、1着馬には優先出走権が付与されるが、どちらと言えば同舞台で行われるフェブラリーSとの関連が強い一戦。春のフェブラリーS好走馬に注意が必要となりそうだが、まずは過去10年の傾向から探って行きたい。

武蔵野ステークス 2018 データ分析予想

武蔵野ステークス データ [単勝人気馬の傾向]

過去10年の武蔵野ステークスにおける単勝人気別の成績を見てみると、1番人気は2勝4連対で勝率20%、連対率40%、複勝率60%。安定感に乏しく、過度の信頼は禁物か。5~9番人気で計6勝なら、中穴狙いもOK。

単勝人気 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
単勝1番人気 2.2.2.4
単勝2番人気 1.1.0.8
単勝3番人気 0.1.1.8
単勝4番人気 1.3.0.6
単勝5番人気 2.1.0.7
単勝6番人気 2.0.2.6
単勝7~9番人気 2.1.3.24
単勝10番人気下 0.1.2.65

武蔵野ステークス データ [払戻金別の傾向]

上位人気同士の決着は一度もなし。昨年は15番人気が飛び込み、3連系は大波乱。狙うなら3着穴。

開催年 上位3頭の人気 馬連払戻金 3連複払戻金 3連単払戻金
2008年 5-4-1人気 3970円 1290円 20890円
2009年 5-11-8人気 15370円 104610円 648270円
2010年 6-4-9人気 5820円 55300円 402630円
2011年 4-1-3人気 1020円 2050円 17150円
2012年 1-4-6人気 1400円 4880円 18240円
2013年 1-3-7人気 1010円 3390円 14010円
2014年 7-1-11人気 1950円 32590円 167440円
2015年 2-5-1人気 3280円 1720円 13660円
2016年 8-2-6人気 4490円 19410円 157320円
2017年 6-8-15人気 13960円 367090円 1783490円

武蔵野ステークス データ [ステップ別の傾向]

ローテは様々だが、コンスタントに上位勢に顔を覗かせるのが、グリーンチャンネルC組(14年はエルコンドルパサーメモリアル、それ以前はペルセウスSという名称で施行)。今年もこの組には要注意。

ステップレース 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
プロキオンS 1.0.0.5
シリウスS 1.0.0.4
川崎記念 0.0.0.0
マイルCS南部杯 0.3.0.11
ブラジルC 1.1.0.8
ラジオ日本賞 0.0.0.2
アハルテケS 0.1.0.3
グリーンチャンネルC 2.2.2.16
マリーンS 0.0.0.2
室町S 0.1.0.6
1600万下 2.0.2.15

武蔵野ステークス データ [年齢別の傾向]

3歳馬が4勝7連対と大きくリードする形。次いで6連対の5歳馬。

馬齢 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
3歳 4.3.3.18
4歳 1.1.2.24
5歳 3.3.2.32
6歳 1.3.2.24
7歳~ 1.0.1.30

武蔵野ステークス データ [前走着順別の傾向]

前走1着馬が7勝10連対と好成績。順調さが強みに。

前走着順 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
1着 7.3.3.28
2着 0.2.1.13
3着 1.3.0.10
4着 1.0.1.13
5着 0.1.2.12
6~9着 1.1.1.28
10着下 0.0.2.23

武蔵野ステークス データ [枠/馬番/脚質別の傾向]

6枠が3勝4連対でトップだが、全体的にさほど有利不利はない印象。脚質別も万遍なくで、あくまでも展開次第。

枠番別の傾向

枠番 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
1枠 0.2.1.16
2枠 2.1.2.14
3枠 2.0.1.17
4枠 1.1.3.15
5枠 0.1.0.19
6枠 3.1.2.14
7枠 1.2.1.16
8枠 1.2.0.17

馬番別の傾向

馬番 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
1番 0.1.0.9
2番 0.1.1.8
3番 0.1.2.7
4番 2.0.0.8
5番 1.0.1.8
6番 1.0.1.8
7番 1.0.2.7
8番 0.1.0.9
9番 0.1.0.9
10番 1.0.0.9
11番 1.0.0.9
12番 0.1.0.9
13番 1.2.1.6
14番 0.1.0.9
15番 0.1.0.8
16番 1.0.0.8

脚質別の傾向

脚質 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
逃げ 2.0.0.8
先行 2.5.5.24
差し 4.4.2.55
追込 2.1.3.41

武蔵野ステークス データ [所属別の傾向]

関西馬の出走が大半で、8勝18連対と圧倒的。関東馬は劣勢。

所属 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
美浦 2.0.2.37
栗東 8.10.8.91

武蔵野ステークス 2018 データ分析まとめ

データ分析した傾向をまとめてみます。

人気別の傾向から
→上位人気勢の信頼は乏しく、中穴狙いでもOK。

ステップレース別の傾向から
→目下2年連続で馬券内に食い込むグリーンチャンネルC組に要注意。

年齢別の傾向から
→3歳が他を大きくリードする形。

前走着順別の傾向から
→格を問われず、前走1着馬が好成績。

この傾向から注目したい馬を3頭ピックアップ!

注目馬①/サンライズノヴァ/牡4

好ステップのグリーンチャンネルCを快勝。フェブラリーSも小差4着。

注目馬②/ダンツゴウユウ/牡4

格は関係なく、前走1着馬に注目。東京1600mもベスト舞台。

注目穴馬/バイラ/牡3

唯一の3歳馬で出走となれば注意が必要に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA