【東京スポーツ杯2歳ステークス 2018 出走予定馬】 | 本気競馬

【東京スポーツ杯2歳ステークス 2018 出走予定馬】

syussouyoteiba

2018/11/17開催「東京スポーツ杯2歳ステークス(G3)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

東京スポーツ杯2歳ステークス2018 [1週前出走予定馬]

  • アガラス/牡2/古賀慎厩舎・美浦
  • アドマイヤスコール/牡2/加藤征厩舎・美浦
  • ヴァンドギャルド/牡2/藤原英厩舎・栗東
  • ヴェロックス/牡2/中内田厩舎・栗東
  • カテドラル/牡2/池添学厩舎・栗東
  • クリノガウディー/牡2/藤沢則厩舎・栗東
  • ゴータイミング/牡2/松永幹厩舎・栗東
  • トーラスジェミニ/牡2/小桧山厩舎・美浦
  • ナイママ/牡2/河津厩舎・川崎
  • ニシノデイジー/牡2/高木登厩舎・美浦
  • ホウオウサーベル/牡2/奥村武厩舎・美浦
  • ルヴォルグ/牡2/藤沢和厩舎・美浦

■2018/11/6現在

東京スポーツ杯2歳ステークス2018 [注目馬考察]

東京スポーツ杯2歳ステークス出走予定馬/カテドラル

出世レースの野路菊ステークスを制して、2戦2勝。押し出される形でのハナで、道中もマイペース。展開利があったことは確かだが、それでもラスト3F(11.1-11.1-11.9)の加速ラップをピシャリとまとめたあたりが素質の証明。脚質に幅があるだけに、直線の長い東京も問題なし。3連勝でGIへ。

東京スポーツ杯2歳ステークス出走予定馬/ヴェロックス

若干、旋風に陰りも見えてきたジャスタウェイ産駒だが、この馬の新馬勝ちは掛け値なしの高評価。前走の野路菊ステークス2着は展開のアヤ。勝ち馬との力差、素質にそう差はなく、力強いフットワークはいかに広いコース向き。ここはある種正念場とも言える一戦となりそうだ。

東京スポーツ杯2歳ステークス出走予定馬/ナイママ

道営所属でコスモス賞を制し、札幌2歳ステークスがタイム差なしの2着。結果的に早仕掛けだったことを思えば、負けて強しを思わせる内容で、JRA一線級が相手でも互角以上に戦えそうだ。父ダノンバラードは、交流重賞・北海道2歳優駿の勝ち馬(ウィンターフェル)を輩出。芝の重賞はこの馬が決めてくれる。

東京スポーツ杯2歳ステークス2018[今後の動向]

例年、ここをステップに暮れのGI。さらに春のクラシックを展望する馬がズラリ。今年も粒ぞろいの一戦で、注目度が高い。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA