【エリザベス女王杯 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【エリザベス女王杯 2018 予想オッズ】

odds_ss

エリザベス女王杯2018 [出走予定馬短評]

秋の最強牝馬決定戦となる第43回エリザベス女王杯。今年はG1常連の実績馬モズカッチャンとリスグラシューの2頭が中心となるメンバー構成。そこに、夏の上がり馬レッドジェノヴァやコルコバード、この秋重賞を勝って勢いのある3歳馬カンタービレとノームコアが参戦。上位進出を狙える伏兵馬が多数揃っており、予想しがいのある1戦となっている。

エリザベス女王杯ステークス2018 予想オッズ/モズカッチャン(2.4倍)

前走・札幌記念(G2)では、勝負所で最後方という苦しい位置での競馬。それでも直線では上がり最速でタイム差なしの3着まで追い込んでおり、最も強い競馬をしたと評価できる内容。ここ数戦は牡馬の一線級とも互角以上に走れており、4戦ぶりの牝馬同士の戦いなら格上の雰囲気すら感じさせる。京都コースは最も好走率の高い得意舞台でもあり、このレースを連覇する可能性も高い。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

エリザベス女王杯ステークス2018 予想オッズ/リスグラシュー(3.9倍)

秋初戦の府中牝馬(G2)では、ゴール前で勝ち馬の強烈な末脚に屈して2着惜敗。相変わらず勝ちきれない面はあるものの、常に上位争いに加われる堅実さは能力の高い証拠。今回は早い時期からモレイラ騎手を確保しており、陣営のこの1戦に賭ける意気込みが伝わる。過去G1では2着4回、あと一歩まで迫っている悲願のG1奪取なるか期待が集まる。オッズは、3倍から4倍台が予想される。

エリザベス女王杯ステークス2018 予想オッズ/レッドジェノヴァ(6.8倍)

昨年末にようやく500万条件を勝った馬が、今年の夏に条件戦を圧巻の内容で連勝してOP入り。その勢いで初重賞挑戦した前走・京都大賞典(G2)は、サトノダイヤモンドを半馬身差まで追い詰める2着好走。近走では1戦ごとに強くなっており、今の充実具合なら一気に牝馬の頂点に上りつめそうな可能性を秘めている。オッズは、6倍から8倍台が予想される。

エリザベス女王杯ステークス2018 [狙い目となる穴馬は?]

クロコスミアは、昨年のこのレース2着馬。その後は馬券対象になっていないものの、ドバイ遠征や強豪牡馬相手のレースが続いており、決してこの馬の能力が衰えたわけではない。今回は逃げ馬に乏しいメンバー構成で、スムーズに好位が取れそうな展開面も追い風。近走成績から馬券妙味も出てくるはずで、ノーマークで先手がとれるようなら昨年の再現もあり得る。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA