【JBCクラシック 2018 予想】 | 本気競馬

【JBCクラシック 2018 予想】

yosou_grade

JBCクラシック2018[レース予想]

行きたい馬が多く読みづらいが、内枠があたったシュテルングランツ。この馬の先導だろう。オールブラッシュ、クリソライト、サンライズソア、テイエムジンソク、テーオーエナジー、マイネルバサラが続き、カツゲキキトキト、ケイティブレイブ、アポロケンタッキーが好位~中団グループ。センチュリオン、ノンコノユメ、サウンドトゥルーが後方で脚を溜めての直線勝負。各馬とも力を出し切れる流れ。

JBCクラシック2018 予想【本命◎ テイエムジンソク】

昨年のチャンピオンズCで、ゴールドドリームとタイム差なしの2着。それを思えば、その後積み上げた実績は東海S1勝と物足りないが、いずれも距離や馬場など確かな敗因もあった。今回は身上のスピードが生かせる京都ダート。逃げ馬複数のここは番手からの競馬となりそうだが、元々その形でも結果を出してきた馬。変わるとすれば今回。

JBCクラシック2018 予想【対抗○ オメガパフューム】

南部杯快勝のルヴァンスレーヴ、白山大賞典勝ちのグリムなど、今年の3歳ダート馬はとにかく傑出馬ぞろい。その中でもこの馬のトップグループの1頭だろう。前走のシリウスSでは歴戦の古馬を粉砕。スウェプトオーヴァーボード産駒ながらも、タフな競馬もOKということも証明できた。勢いを買う。

JBCクラシック2018 予想【単穴▲ サンライズソア】

ルメール騎手騎乗で人気にはなるが、今回と同舞台の平安Sを快勝の実績にはやはり注目せざるを得ないところ。復帰戦のシリウスSでは、最後失速の3着だったが、勝ち馬とは4.5キロ差、2着馬とも2.5キロの斤量差があった。叩いての上積み、そして同斤となる今回は逆転があって当然。

JBCクラシック2018 予想【特注☆ テーオーエナジー】

当初は除外対象だったが、ミツバの回避によって繰り上げ。大舞台で必要不可欠な「運」がある。前走のグリーンチャンネルCは出遅れ+距離不向きと、度外視できる一戦。京都1900mなら舞台設定に不満はなく、こちらも強い3歳ダート馬。

JBCクラシック2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑩テイエムジンソク
  • 対抗○:⑭オメガパフューム
  • 単穴▲:④サンライズソア
  • 特注☆:⑮テーオーエナジー

波乱指数【40】

上位グループは例年通りの顔ぶれだが、今年は時計の出る京都開催。勝手が違う面もあり、今年も…とはいかない印象も。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番④⑩⑭⑮の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA