【北海道2歳優駿 2018 予想】 | 本気競馬

【北海道2歳優駿 2018 予想】

yosou_chihou

2018 北海道2歳優駿 [レース予想]

昨年優勝馬はドンフォルティス、出走馬の中にはハッピーグリン・・・。総決算と言われるレースは各地方に確かにあるが、2歳戦に力を入れている馬産地・北海道の当レースの意味は濃い。今年は中央から参戦するミヤケがルメール騎手で勝負気配だが、初ダートで適性面が不安と、予想を難航させる存在だ。サンライズカップの上位組にもチャンスが十分にありそうな気配で、これからを背負って立つ逸材の活躍が望まれる。

北海道2歳優駿 予想【◎マイコート】

本命はマイコート。人気薄で重馬場を先行し、サンライズカップを制した同馬だが、新馬戦はコスモス賞勝ちのナイママの3着がある同馬。そのスピードは既にデビュー時から注目に値する存在だったが、前走で距離を伸ばしても走り抜いた実力は本物だ。先行して上がり2位でまとめた競馬は見事な内容でもあり、今回は更に内目の枠で、逃げるのもイグナシオドーロになりそう。全体的なペースは少し上がってくるのは間違いないが、連勝を期待できる背景はしっかりと存在する。

北海道2歳優駿 予想【○ミヤケ】

対抗はミヤケ。同馬は先述のとおり今回、取捨が難しい人気馬だが、それ故に安易に外すことはできないと判断しての対抗だ。ルメール騎手がわざわざ北海道入りするということも踏まえて、ダートに強い村山厩舎と大チョンボは考えにくいところ。ディープブリランテの仔にしてはそんなに馬格がある馬でないが、芝の中距離戦では安定した実績を残している馬。距離適性・右回りも不安はなく、試金石も買いの手だ。

北海道2歳優駿 予想【▲イルジオーネ】

3番手はイルジオーネ。前走まくって勝ち切るまで行った、同馬を3番手評価だ。父ワークフォースの適性がどうでるか不明ではあるが、中々見栄えのするタイプで牝馬としては大きく映る同馬。急坂も味方につけられるタフさと展開から浮上しそうだ。前走のようにまくっていくなら12番枠もむしろ好都合で、出自の確かさからも今後の成長が期待できる。ダートは合っていると見る。

北海道2歳優駿 予想【△イッキトウセン】

最後はイッキトウセン。前走10着と大敗したが、巻き返しの要素がある同馬も注目だ。その前走サンライズカップは先述マイコートが制したが、同馬はこの日間隔が開いて馬体も増えて臨んでいた。スピード的には栄冠賞で十分見せつけられているので、その後の距離延長に対応した真価が発揮できればOK。その手綱を取るのが地方のまくりの名手・吉原騎手なら、外枠も含め一発の可能性は十分にあるところだ。中央勢に絶対がいない今年のメンバーを考慮すれば。

2018 北海道2歳優駿 [馬券考察]

馬券はワイド。ボックスで◎~△の計6点で勝負! 北海道2歳優駿は11月1日、門別競馬第11レース、20時00分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA