【エリザベス女王杯 2018 出走予定馬】 | 本気競馬

【エリザベス女王杯 2018 出走予定馬】

syussouyoteiba

2018/11/11開催「エリザベス女王杯(G1)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

エリザベス女王杯2018 [1週前出走予定馬]

  • アドマイヤリード/牝5/須貝厩舎・栗東
  • ヴァフラーム/牝6/吉村厩舎・栗東
  • エテルナミノル/牝5/本田厩舎・栗東
  • カンタービレ/牝3/中竹厩舎・栗東
  • キンショーユキヒメ/牝5/中村厩舎・栗東
  • クロコスミア/牝5/西浦厩舎・栗東
  • コルコバード/牝5/木村厩舎・美浦
  • スマートレイアー/牝8/大久保厩舎・栗東
  • ノームコア/牝3/萩原厩舎・美浦
  • ハッピーユニバンス/牝6/平田厩舎・栗東
  • プリメラアスール/牝6/鈴木孝厩舎・栗東
  • フロンテアクイーン/牝5/国枝厩舎・美浦
  • ミスパンテール/牝4/昆厩舎・栗東
  • モズカッチャン/牝4/鮫島厩舎・栗東
  • リスグラシュー/牝4/矢作厩舎・栗東
  • レイホーロマンス/牝5/橋田厩舎・栗東
  • レッドジェノヴァ/牝4/小島茂厩舎・美浦
  • ワンブエスアウェイ/牝5/古賀慎厩舎・美浦

■2018/10/30現在

エリザベス女王杯2018 [注目馬考察]

エリザベス女王杯出走予定馬/モズカッチャン

昨年の勝ち馬。春は京都記念4着、ドバイシーマクラシック6着と牡馬相手に力のあるところを見せ、下半期緒戦の前走札幌記念では、先日の天皇賞・秋で2着に食い込んだサングレーザーとタイム差なしの3着と好走。デムーロ騎手の腹の括った騎乗も功を奏したが、緒戦とすれば上々の内容だった。予定していた府中牝馬Sは、レース10日前に熱発してしまい自重。体調面がカギとなりそうだ。

エリザベス女王杯出走予定馬/カンタービレ

秋華賞では、一瞬にしてアーモンドアイに突き放されてしまったが、この馬もしっかり伸びて3着。例年ならこの馬で十分勝つチャンスがあったと言えるし、今年の3歳牝馬はとにかくハイレベル。今回は距離が延びてどうかだが、母系はスタミナ志向。切れの生かせる京都なら、問題はないか。

エリザベス女王杯出走予定馬/ノームコア

体調が整わず、秋華賞を回避したが、前走の紫苑Sの勝ちっぷりは強いのひと言。レース上り11.5-11.5-11.2の加速ラップを悠々と抜け出して、1分58秒0。開催2番目の時計が1分59秒2だけに、いかに優秀かがわかるもの。ひと夏を越しての成長は確かだけに、古馬相手でも・・・の期待も十分。

エリザベス女王杯2018[今後の動向]

昨年の勝ち馬モズカッチャンに、ハイレベル3歳馬も参戦。京都大賞典2着レッドジェノヴァなど上がり馬も侮れず、激戦必至の一戦となること間違いない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA