【JBCレディスクラシック 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【JBCレディスクラシック 2018 予想オッズ】

odds_d

JBCレディスクラシック2018 [出走予定馬短評]

ダート最強牝馬を決めるべく2011年に創設され、今年で第8回を迎えるJBCレディスクラシック。昨年は大井所属のララベルが地方馬として初めてこのレースを制して意地を見せたが、今年は京都開催で中央馬が大挙してエントリーしており中央優勢ムード。ただ絶対的と呼べるほどの存在はおらず、多くの出走馬にチャンスのある上位拮抗の1戦となっている。

JBCレディスクラシック2018 予想オッズ/ラビットラン(3.5倍)

ローズS(G2)勝ちを契機に牝馬芝路線を歩んでいたが、今夏からダートにシフトチェンジ。父Tapitの血統通りダート重賞でも3着・1着ときっちり結果を出し、改めてダート適性の高さを示している。芝重賞でも通用するスピードがあり、京都の軽いダートも追い風。Mデムーロ騎手騎乗時には連対率100%と相性がよく、G1制覇がすぐ手の届く位置にいる。オッズは、3倍台が予想される。

JBCレディスクラシック2018 予想オッズ/クイーンマンボ(4.8倍)

前走・レディスプレリュード(G2)は、1番人気に支持されるも7着と不可解な敗戦。もっとも、そこに至るまでは重賞2勝を含む【4.3.2.0】とダートで馬券対象を外したことのなく安定感抜群で、実績的にこの1戦だけで評価を落とすのは早計。3週連続G1制覇中で絶好調のルメール騎手を背に、初G1挑戦であっさり結果を出す可能性を秘めている。オッズは、3倍から6倍台が予想される。

JBCレディスクラシック2018 予想オッズ/プリンシアコメータ(6.3倍)

昨年このレースでは条件馬の立場で参戦するも、軽快に逃げてタイム差なしの2着好走。その後は重賞2勝を含み強敵相手に善戦を続けており、昨年以上に力をつけているのは明らか。前走・レディスプレリュード(G2)では、好位先行から直線しぶとく押しきる強い内容。最高の形で前哨戦を完勝しており、昨年のリベンジに挑む。オッズは、5倍から7倍台が予想される。

JBCレディスクラシック2018 [狙い目となる穴馬は?]

狙い目はアンジュデジール。ここ2走は歯がゆいレースが続いたが、前走はスタートで大きく後手を踏み4着、2走前は強豪牡馬相手に5着と敗因は明白。今年2月エンプレス杯ではプリンシアコメータ、4月マリーンC(G3)ではクイーンマンボをそれぞれ負かしており、牝馬同士の1戦なら能力は互角。連敗中で少しでも人気を落とすようなら馬券妙味は十分にある。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA