【JBCクラシック 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【JBCクラシック 2018 予想オッズ】

odds_dd

JBCクラシック2018 [出走予定馬短評]

京都開催に伴い10年ぶりにダート1900mの距離で施行される第18回JBCクラシック。今年は中央開催ゆえに地方馬の参戦は3頭のみ。7000勝を達成した的場騎手参戦のシュテルングランツに話題性はあるものの、レースに関しては中央馬同士の上位争いが濃厚。オッズ面では、好位先行型で安定感のあるケイティブレイブが1番人気に支持されてきそう。

JBCクラシック2018 予想オッズ/ケイティブレイブ(2.7倍)

前走・日本テレビ盃(G2)は、道中2番手から直線上がり最速の脚でまとめ後続を寄せ付けない完勝劇。昨年2着惜敗したこのレースへのリベンジに向け、前哨戦としては文句なしの内容。過去にも交流戦では川崎記念・帝王賞を制しており、中距離ダートG1では実績上位の存在。ゴールドドリーム不在の相手関係なら、古馬代表として中心的な役割を担ってくる。オッズは、2倍台が予想される。

JBCクラシック2018 予想オッズ/オメガパフューム(4.5倍)

前走・シリウスS(G3)では、3角手前から息の長い末脚を使って鮮やかな差しきり勝ち。斤量面の恩恵はあったが、初古馬対戦でしっかり結果を残した。JDD(G1)で接戦を演じたルヴァンスレーヴも南部杯でゴールドドリームを負かしているように、3歳世代のレベルの高さは証明済み。中距離では連対を外していない距離適性の高さも魅力で、一気にG1制覇に駆け上がりそうな勢いがある。オッズは、2倍から6倍台が予想される。

JBCクラシック2018 予想オッズ/ノンコノユメ(6.7倍)

今年は年明けから根岸S(G3)・フェブラリーS(G1)と圧巻の末脚で連勝を飾っており、去勢後の不振から完全に復調してきた印象。近2走は馬券に絡めていないが、出遅れや苦手な小回りコースが続いており敗因は明白。馬場が軽く広々走れる京都コースなら前進必至。前が早くなる展開なら豪快な直線一気も期待できる。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

JBCクラシック2018 [狙い目となる穴馬は?]

オールブラッシュは、京都ダートで4勝を挙げている相性の良い舞台。川崎記念(G1)制覇時の鞍上Cデムーロ騎手を早い時期から確保しており、陣営の本気度も感じさせる。近走は先手が取れない苦しい展開で惨敗続きだが、かしわ記念(G1)2着時のようにすんなり前々の位置取りでレースができるなら粘り込んで波乱を起こす場面がありそう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA