天皇賞秋2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表! | 本気競馬

天皇賞(秋)2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

oikiri3天皇賞(秋)を制するのは状態絶好のこの馬!
いよいよ今年の中距離王を決する1戦、天皇賞(秋)の発走が近付いてきました。スワーヴリチャード・レイデオロ・マカヒキ・ヴィブロスといった豪華メンバーの集う1戦は13頭立てといつになく少頭数の1戦とはなりますが、それだけに頭数を絞って勝負していきたいところ。先のG1を目標ということでなく、この天皇賞狙いで絶好の仕上げで臨んでくる馬には要チェックです!

調教評価 A 秋の盾制覇へ状態は絶好
スワーヴリチャード 栗東CW 82.7 67.1 51.4 38.0 12.3 馬なり 併せ遅れ
安田記念以来の出走となるスワーヴリチャード。目標はまだ先のジャパンカップ・有馬記念ということにはなるのでしょうが、この天皇賞へ向けても状態は絶好。直前の追い切りではラスト4Fから軽めに流す程度の内容でも51.4の好タイムをマーク。セーブ気味の内容だけに併せ馬で遅れたことも気にすることもないでしょうし、1週前には78.8 62.4 49.1 36.0 11.9という時計で5F.4Fの時計は自己ベストの時計をマーク。休み明けでもこれだけの時計をマークできているのならば走れる態勢は整っていると見るのが適当。休み明けは(2.0.0.0)と走る傾向にはり更に東京コースは(2.2.1.0)と崩れ知らずの安定感。春の大阪杯に続く2000mのG1レース連勝に期待も高まるところでしょうし、大きな不利さえなければ今回も安定した走りを見せてくれるのではないでしょうか。

調教評価 A 坂路自己ベストタイをマークし狙い目
サングレーザー 栗東坂路 58.4 41.5 26.0 13.1 馬なり
直前の追い切りは軽めで時計も控えめといった内容にはなっていますが、これはいつも通りの調整法で実質的な追い切りは1週前に。その1週前の追い切りで坂路51.6 37.3 24.2 12.3という自己ベストタイの好タイムをマークしており、札幌記念以来の競馬でもきっちりと仕上がっていると判断できる動きを見せているサングレーザー。前走札幌記念で2000mを克服しての天皇賞挑戦となりますが、今回は更にスタミナを求められる東京の2000m。しっかりと脚を溜めることさえできれば強烈な末脚に期待したいところではありますが、そのあたりをモレイラ騎手がどう操ってくるかには期待してみたいところではあります。

調教評価 A ダービー馬の復活に期待の動き
マカヒキ 栗東坂路 54.9 40.6 26.7 13.4 馬なり
最終追い切りは輸送も考慮して軽めの調整とはなりましたが、1週前の追い切りで80.2 64.8 50.4 36.6 11.5という好タイムを武豊騎手を背にマーク。この時計が2年前にダービーを制した際の時計を0.1上回るものとなり、久々に出た好タイム。ダービー後は勝ち切れない競馬が続いてはいますが、ようやくそのダービー時の動きに近付いてきたと考えればこの大舞台での復活劇に期待してみる手も十分にありなのではないでしょうか。人気ではスワーヴリチャード・レイデオロの4歳勢に劣るものとはなりそうですが、追い切りの動きだけ見れば十分互角の状態にあると言っていいのではないでしょうか。

その他では、いつもながらに評価の難しい藤沢厩舎所属馬レイデオロ。例によって馬なり調整で淡々と乗り込んできているあたり、仕上がりは良好と見てよさそうですが馬なりでも自ら走る気を出してそれなりの時計はマークしているだけにA評価でも良さそうというレベルのB評価ということにしたいと思います。あとは休み明けを叩いての上積みが大きそうな2頭、アルアインステファノスも動きは良好でB評価は必要なところでしょうし、仕掛けられてからの反応が抜群の動きを見せていたヴィブロスについてもB評価ということにしておきたいと思います。

keibajo_02

それでは今週はこの天皇賞(秋)で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA