【JBCクラシック 2018 出走予定馬】 | 本気競馬

【JBCクラシック 2018 出走予定馬】

syussouyoteiba

2018/11/4開催「JBCクラシック(Jpn1)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

JBCクラシック2018 [1週前出走予定馬]

  • アスカノロマン/牡7/川村厩舎・栗東
  • アポロケンタッキー/牡6/山内厩舎・栗東
  • オメガパフューム/牡3/安田翔厩舎・栗東
  • オールブラッシュ/牡6/村山厩舎・栗東
  • カツゲキキトキト/牡5/錦見厩舎・名古屋
  • クリソライト/牡8/音無厩舎・栗東
  • ケイティブレイブ/牡5/杉山厩舎・栗東
  • サウンドトゥルー/セン8/高木登厩舎・美浦
  • サンライズソア/牡4/河内厩舎・栗東
  • シュテルングランツ/牡7/小久保厩舎・浦和
  • センチュリオン/牡6/田村厩舎・美浦
  • タガノゴールド/牡7/新子厩舎・園田
  • テイエムジンソク/牡6/木原厩舎・栗東
  • テーオーエナジー/牡3/宮厩舎・栗東
  • ノンコノユメ/セン6/加藤征厩舎・美浦
  • パルトネルラーフ/牡5/高木登厩舎・美浦
  • マイネルバサラ/牡5/松山将厩舎・美浦
  • ミツバ/牡6/加用厩舎・栗東

■2018/10/23現在

JBCクラシック2018 [注目馬考察]

JBCクラシック出走予定馬/ケイティブレイブ

距離、展開とまったく噛み合わなかったフェブラリーS11着を除けば、安定した成績。前走の日本テレビ盃も完勝のひと言で、ここまで積み上げた重賞タイトルは8個。前で運べる器用さと、地方馬場への高い適性。5歳で今が伸び盛りと見れば、今後この路線を牽引していくことは間違いなしだが、今年は京都での開催という点がポイントに。

JBCクラシック出走予定馬/オメガパフューム

前走のシリウスSは、53キロとハンデに恵まれたとはいえ、初めての古馬相手も関係なし。南部杯圧勝のルヴァンスレーヴ、白山大賞典快勝のグリムなど、今年の3歳ダート馬はかなりの粒ぞろいだが、当然この馬もトップグループの1頭だろう。まだまだ上積みも見込めるだけに、一気に登りつめるシーンもありそう。

JBCクラシック出走予定馬/テイエムジンソク

近走チグハグな内容続きも、この京都コースでは5勝2着3回の安定感。昨年のチャンピオンズCでは、ケイティブレイブやサウンドトゥルーに先着の実績。得意コースでの奮起があれば、一変があってもいいはず。

JBCクラシック2018[今後の動向]

新旧のスターホースが出揃い、カツゲキキトキトなど地方勢も魅力たっぷり。初めてのJRA主催となる歴史的一戦に相応しい顔ぶれとなりそうだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA