【JBCスプリント 2018 出走予定馬】 | 本気競馬

【JBCスプリント 2018 出走予定馬】

syussouyoteiba

2018/11/4開催「JBCスプリント(Jpn1)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

JBCスプリント2018 [1週前出走予定馬]

  • アンサンブルライフ/牡5/小久保厩舎・浦和
  • ウインムート/牡5/加用厩舎・栗東
  • キタサンミカヅキ/牡8/佐藤賢厩舎・船橋
  • キングズガード/牡7/寺島厩舎・栗東
  • グレイスフルリープ/牡8/橋口慎厩舎・栗東
  • コウエイエンブレム/牡5/山内厩舎・栗東
  • サクセスエナジー/牡4/北出厩舎・栗東
  • スマートアヴァロン/牡6/西園厩舎・栗東
  • セイウンコウセイ/牡5/上原厩舎・美浦
  • テーオーヘリオス/牡6/梅田智厩舎・栗東
  • ナックビーナス/牝5/杉浦厩舎・美浦
  • ニシケンモノノフ/牡7/庄野厩舎・栗東
  • ネロ/牡7/森厩舎・栗東
  • ノブワイルド/牡6/小久保厩舎・浦和
  • ノボバカラ/牡6/天間厩舎・美浦
  • マテラスカイ/牡4/森厩舎・栗東
  • モーニン/牡6/石坂正厩舎・栗東
  • ラブバレット/牡7/菅原勲厩舎・水沢
  • レッツゴードンキ/牝6/梅田智厩舎・栗東

■2018/10/23現在

JBCスプリント2018 [注目馬考察]

JBCスプリント出走予定馬/マテラスカイ

前走の東京盃は直線まさかの失速だったが、3ヶ月振りの実戦で18キロ増と如何にも余裕残しの体つき。加えてスピード勝負のタイプだけに、タフな大井も合わなかった印象だし、スタート直後の落鉄も影響。三重苦だったことを思えば、評価下げとはならない。レコード圧勝のプロキオンSからも、軽い京都は大歓迎。叩いての上積みも見込めば、当然逆転も十分。

JBCスプリント出走予定馬/キタサンミカヅキ

インをこじ開けて差し切った前走の東京盃が、強烈なインパクト。昨年のJBCスプリントでも5着と走ったが、今年はさらに充実。入着が目標というレベルではなく、十分に戴冠が狙える位置にいる。京都でも3着の実績があり、コース変わりも問題なし。

JBCスプリント出走予定馬/ナックビーナス

期待を持って臨んだ前走のスプリンターズSだが、一瞬もグッと来る場面がなく7着敗退。敗因が判然としないが、キーンランドCの内容を見れば、見限るわけにはいかない。久々のダートとなった昨年の東京盃惨敗の印象が強いが、未勝利勝ちはダート1200m。軽い京都のダートなら、十分に対応できるはず。

JBCスプリント2018[今後の動向]

クラシックはJRA勢優勢だが、このスプリントは地方馬も互角に渡り合えるラインナップ。用無しの馬が少なく、激戦必至。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA